人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDS、国内で2500万台を達成

京都新聞によれば、任天堂はニンテンドーDSシリーズの国内販売台数が2500万台を超えたことを明らかにしたそうです。

任天堂 DS
京都新聞によれば、任天堂はニンテンドーDSシリーズの国内販売台数が2500万台を超えたことを明らかにしたそうです。

これは3000万台を超えているゲームボーイ(カラー含む)に次ぐ台数です。一時期伸び悩みもありましたが、昨年11月に発売したDSiが好調で、岩田社長の掲げる「1人1台」に向けてますます台数を伸ばしていきそうです。

ニンテンドーDSの販売台数は昨年9月末の時点で、国内2371万台、米大陸2763万台、その他3299万台、世界で8433万台となっていました。1億台の大台も見えてきました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』目前の無人島生活に心弾む新CM公開!「上陸篇」&「ゼロから作る篇」の2種で新生活をチェック

    『あつまれ どうぶつの森』目前の無人島生活に心弾む新CM公開!「上陸篇」&「ゼロから作る篇」の2種で新生活をチェック

  2. 『あつまれ どうぶつの森』関連グッズひとまとめ! amiibo・化粧箱・実用アイテムなどをチェック

    『あつまれ どうぶつの森』関連グッズひとまとめ! amiibo・化粧箱・実用アイテムなどをチェック

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  5. 『あつまれ どうぶつの森』をはじめるにはどのスイッチを買えばいいの? パッケージ版・DL版それぞれのメリットや必要グッズなどをひとまとめ

  6. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 対戦STGバトル『シナプティック・ドライブ』5月28日発売決定! スイッチ向けにパッケージ版も展開─『カスタムロボ』見城こうじ氏の最新作

アクセスランキングをもっと見る