人生にゲームをプラスするメディア

大公開!2008年のインサイド人気記事ランキングベスト20

4年に一度の北京オリンピックや4人のノーベル賞受賞など明るい話題があった一方で、サブプライムローンに端を発した金融危機・景気後退や消えた年金や食品偽装など暗いニュースも多かった一年、今年の一文字は「変」だということでしたが、ゲーム業界はどうだったでしょうか? インサイドの人気記事で振り返ります。

ゲームビジネス その他
4年に一度の北京オリンピックや4人のノーベル賞受賞など明るい話題があった一方で、サブプライムローンに端を発した金融危機・景気後退や消えた年金や食品偽装など暗いニュースも多かった一年、今年の一文字は「変」だということでしたが、ゲーム業界はどうだったでしょうか? インサイドの人気記事で振り返ります。

1〜3位

1. 【アンケート結果】思い出のドラクエは?・・・『ドラゴンクエストIII〜そして伝説へ・・・』が一番人気
2. スーパーファミコン型クラコンが到着!
3. 任天堂ほかソフトメーカー54社、ニンテンドーDSで動作する「マジコン」を販売する5社を提訴

1〜3位は以上のような顔ぶれ。最も人気となった記事は、「好きなDQシリーズは?」というアンケート。いよいよ最新作である『9』の発売が3月28日に決定。来年前半のゲーム業界はこの『9』を睨みながらとなりそうです。懐かしシリーズでは「スーパーファミコン型クラコン」も注目されました。

また今年のゲーム業界を騒がせたキーワードの一つ「マジコン」も3位に入りました。任天堂などソフトメーカー各社がマジコンの機器を輸入している業者を一斉に提訴した3位のニュースのほか、マジコン向けの違法データを販売していた個人も複数が逮捕されています。

4位〜10位

4. 現代のゲームをゲームボーイにデメイクしてみたら?
5. 『ロックマン9 野望の復活!!』スクリーンショット初公開!価格は1000Wiiポイント
6. ダース・ベイダーとヨーダが『ソウルキャリバーIV』に参戦!
7. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!
8. 【そろそろViiを体験してみようか】ゲームはソフト、でもハードでも度肝を抜かなくちゃ(1)
9. 威力棒Vii、遂に日本上陸―「V-Sports」恵安から
10. 女性キャラクターに服を着せる−イスラム圏の実例を見る

今年の4〜10位は懐古ネタが目立つ結果でした。Wiiウェアで初代ロックマンシリーズの最新作を制作した『ロックマン9 野望の復活!!』は人気を集めました。最新ゲームをゲームボーイ風にデメイクしたら?という話題も注目でした。一方で、Wiiのニセ物「Vii」が登場というニュースも注目だったようです。

以下20位までは以下の通りです。みなさんの今年のニュースはどんなものでしたか?来年も良いニュースをお届けできるよう、スタッフ一同がんばっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

11. バンダイ、無限に枝豆をつまみ出せる「∞エダマメ」を発売
12. 一部Wiiでの『大乱闘スマッシュブラザーズX』の起動不具合について
13. 『マリオカートWii』は4月10日発売?―「Wiiハンドル」も同梱
14. 『どうぶつの森 Wii』はそろそろ?
15. 東京ゲームショウ2008、出展タイトルの第一弾が公開に
16. 南明奈、キラキラのマイDSを披露
17. 【そろそろViiを体験してみようか】追加カートリッジは名作ぞろい・・・!?(5)
18. ヒトラーのMiiが追放される
19. 【そろそろViiを体験してみようか】遂にViiのゲームが目の前に・・・(3)
20. 「パッケージが似すぎている」訴訟に決着
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  4. 新感覚エンターテインメント、『マリオファクトリー』レポート

  5. すき家で「マリオオリジナルパズルプレゼント」キャンペーン

  6. 「バイオ」竹内プロデューサーが執行役員に昇進

  7. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  8. みんなに愛されるゲームを作る法則とは?ー『生きろ!マンボウ!』開発者が語る「尖り」と「丸み」

  9. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  10. 『アイドルマスター』新シリーズ制作発表会が2月7日に決定―坂上陽三氏が登壇

アクセスランキングをもっと見る