人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】任天堂「Wii」で番組配信へ(12/26)

2008年最後の朝刊チェックです。

ゲームビジネス その他
【朝刊チェック】任天堂「Wii」で番組配信へ(12/26)
  • 【朝刊チェック】任天堂「Wii」で番組配信へ(12/26)
  • 【朝刊チェック】任天堂「Wii」で番組配信へ(12/26)
  • 【朝刊チェック】任天堂「Wii」で番組配信へ(12/26)
2008年最後の朝刊チェックです。

今日は「プロ野球誕生の日」です。読売ジャイアンツの前身で日本初のプロ野球球団「大日本東京野球倶楽部」が1934の今日、誕生したことに由来。沢村栄治、スタルヒン、三原脩、水原茂ら、そうそうたるメンバーでした。

日経産業新聞20面「Wiiで「お茶の間」争奪、任天堂が映像配信に進出」
任天堂は25日、電通と共同で2009年春から据え置き型ゲーム機「Wii」向けに映像番組を配信すると発表しました。任天堂が家庭用ゲーム機を通信・放送系サービスに活用する試みは今度で3度目。世界で4000万台を販売したWiiの強みは女性を見方につけていることです。「お茶の間の復権を目指す」(岩田聡社長)とコメントしています。

ちなみに、最初はファミコンの「ファミコンネットワークシステム」です。ファミコンを株取引に活用する野村證券の「ファミコントレード」、NTTデータ通信の銀行取引システムがありました。

2度目はスーパーファミコンで、任天堂とセント・ギガの共同でデータ放送に参入。放送番組「セント・ギガ スーパーファミコンアワー」は衛星放送(BS)チューナーをカセット形式でスーパーファミコンに付けました。

が、いずれも成功させることは出来ませんでした。最大の要因は通信ネットワークが電話回線などだったため、供給できるコンテンツに限界があったためです。任天堂は今回、NTT東日本・西日本と共同でWiiを通じた光回線の販促で提携済み。Wiiに光回線を呼び込む布石は既に打ってあります。Wiiのネット接続は全世界で約4割。現時点でも単純計算で1600万人以上の潜在視聴者が見込めます。広告主からみた媒体価値は決して低くない訳です。特に視聴者のプロフィールをある程度絞り込める点はとても魅力で、任天堂によるとWiiの利用者は半数以上が女性と言っています。

日経産業新聞4面「連射測定機能付き時計シュウォッチ復刻」
ハドソンは連射測定機能付き時計「シューティングウォッチ(シュウォッチ)」を発売しました。同社が1987年に発売して累計100万個を出荷した製品の復刻版です。当時、毎秒16回のボタン連打(16連射)が出来るハドソンの高橋名人を中心に、ゲームの「名人ブーム」が起きていました。シュウォッチは「連射」にあごがれる小中学生の心をつかみ、大ヒットしました。「シークレットモード」も当時のまま搭載されています。価格は1680円(税込)です。ちなみに当時の価格は1280円でした。

《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

    【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

  3. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 消費税増税、ゲームセンターはどうなる? ネット上では騒動も

  6. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  7. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  8. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る