人生にゲームをプラスするメディア

米国の11月のハードとソフトの売上−ハード1位はWii、ソフトの1位は?

ゲームビジネス その他

米国の調査会社NPDグループは2008年11月の米国のハード・ソフトの売上を発表しました。

トップはWiiで204万台。2位がニンテンドーDSで157万台。3位がXbox360で83万台、4位がPSPで42万台、5位がプレイステーション3で37万台となります。

1. Wii 204万台
2. ニンテンドーDS 157万台
3. Xbox360 83万6000台
4. PSP 42万1000台
5. プレイステーション3 37万8000台
6. プレイステーション2 20万6000台

次にソフトの売上を見てみましょう。

トップは『Gears of War 2』で156万本。『Call of Duty: World At War』がXbox360とプレイステーション3のダブルランクインでそれぞれ141万本と59万7000本。3位が『はじめてのWii』で79万6000本、4位がWii Fitで69万7,000本。5位が『マリオカートWiiで63万7000本となります。

Wiiのソフトは3、4、5、7、10位に5本がランクイン。プレイステーション3は6位、9位の2本。Xbox360は1、2、8、位の3本という結果となりました。

1. Gears of War 2 (マイクロソフト Xbox 360) 156万本
2. Call of Duty: World At War (Activision Blizzard Xbox 360) 141万本
3. はじめてのWii (任天堂 Wii) 79万6000本
4. Wii Fit(任天堂 Wii) 69万7000本
5. マリオカートWii(任天堂 Wii)  63万7000本
6. Call of Duty: World At War (Activision Blizzard プレイステーション3) 59万7000本
7. Guitar Hero: World Tour (Activision Blizzard Wii) 47万5000本
8. Left 4 Dead (Electronic Arts Xbox 360) 41万本
9. Resistance 2 (ソニー プレイステーション3)  38万5000本
10.Wii Music(任天堂 Wii)  29万7000本

NPDのAnita Frazier氏は『Wii Music』が今月トップ10に復帰したことに関し「任天堂のマーケティング力とブランド資産の証明」であると評価。不況がゲームの売上にプラスの影響をもたらしているとコメントします。

注目すべきは『Gears of War 2』と『Call of Duty: World At War』の強さで、特に後者は両機種合わせて200万7000本という数値となっています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 任天堂の宮本茂氏、スペイン皇太子賞を受賞

    任天堂の宮本茂氏、スペイン皇太子賞を受賞

  3. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 【Wii Uアンケート 期待のタイトル篇】ロンチ以降に発売される作品では、あのシリーズの最新作が1番人気に

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る