人生にゲームをプラスするメディア

アメリカの成年の2人に1人はゲーマー。では、年収とゲーマーであることの関係は?

ゲームビジネス その他

アメリカの調査会社Pew Internet & American Life Projectは、アメリカの成人の半数以上がビデオゲームを遊んでいるとする調査結果を発表しました。

調査結果によると、18歳以上の成人の53%が携帯電話からPCまでハードウェアの種類を問わず何らかの形でビデオゲームをしており、21%は毎日遊んでいるとのこと。

65歳以上だとビデオゲームを遊んだことのある人が23%なのに対し、50〜64歳は40%、30〜49歳は60%、18〜29歳は81%と年齢が低くなるごとにビデオゲーム経験者の割合が上昇することも明らかになりました。

ビデオゲームは男性の娯楽という印象がありますが、この調査では男性は55%、女性は50%とあまり差のない数字。男性も女性も2人に1人がゲーマーという計算になります。

次に居住場所での比較ですが、都市部だとゲーマー割合は56%、それ以外の場所だと47%。9%ではありますが、ゲーマーは都会の方に多い結果が出ています。

収入による比較ですが、年収30000ドル(約290万円)以下だとゲーマーである割合は52%、30000〜49999ドル(約290〜450万円)は59%、50000〜74999ドル(約460〜690万円)は62%、75000ドル(約690万円)は56%……と収入の多寡とゲーマーであることはあまり関係ないという結果となりました。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. グリー、中国拠点の撤退を決定

  7. 『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

  8. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】オランダでシリアスゲーム制作に携わる日本の交換留学生

  9. フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

  10. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

アクセスランキングをもっと見る