人生にゲームをプラスするメディア

アメリカの成年の2人に1人はゲーマー。では、年収とゲーマーであることの関係は?

アメリカの調査会社Pew Internet & American Life Projectは、アメリカの成人の半数以上がビデオゲームを遊んでいるとする調査結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
アメリカの調査会社Pew Internet & American Life Projectは、アメリカの成人の半数以上がビデオゲームを遊んでいるとする調査結果を発表しました。

調査結果によると、18歳以上の成人の53%が携帯電話からPCまでハードウェアの種類を問わず何らかの形でビデオゲームをしており、21%は毎日遊んでいるとのこと。

65歳以上だとビデオゲームを遊んだことのある人が23%なのに対し、50〜64歳は40%、30〜49歳は60%、18〜29歳は81%と年齢が低くなるごとにビデオゲーム経験者の割合が上昇することも明らかになりました。

ビデオゲームは男性の娯楽という印象がありますが、この調査では男性は55%、女性は50%とあまり差のない数字。男性も女性も2人に1人がゲーマーという計算になります。

次に居住場所での比較ですが、都市部だとゲーマー割合は56%、それ以外の場所だと47%。9%ではありますが、ゲーマーは都会の方に多い結果が出ています。

収入による比較ですが、年収30000ドル(約290万円)以下だとゲーマーである割合は52%、30000〜49999ドル(約290〜450万円)は59%、50000〜74999ドル(約460〜690万円)は62%、75000ドル(約690万円)は56%……と収入の多寡とゲーマーであることはあまり関係ないという結果となりました。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  2. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  3. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その1「ゲームハリウッド」

    秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その1「ゲームハリウッド」

  4. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  5. ゲーム好きが作る、ゲーム好きのための雑誌 [Ni]STAGE2が冬コミなどで頒布決定―マゾゲー特集など

  6. 「auスマートパス」で有料スマホアプリを躊躇なくダウンロードする生活を

  7. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  8. 【TGS2008】コンパニオンレポート: レベルファイブ

  9. 【GDC2011】日本の同人ゲーム海を渡る・・・世界で高い評価を受けた『洞窟物語』

  10. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

アクセスランキングをもっと見る