人生にゲームをプラスするメディア

TIME誌が選ぶ2008年のベスト10ゲーム−日本のゲームは・・・?

ゲームビジネス その他

TIME誌は2008年のゲームベスト10を発表しました。

同誌は様々なベスト10を発表しているのですが、昨年のゲーム部門では『スーパーマリオギャラクシー』『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』『エースコンバット6 解放への戦火』の日本ゲーム3本がランクインしています。さて、今年のベスト10はどんなものになっているでしょうか。

1位は『グランド・セフト・オートIV』。
このゲームをきっかけにゲームの暴力や性描写に関する議論が巻き起こったことを踏まえつつ、「Rockstar North最大の意欲作。撃ち合いゲームであると同時にインタラクティブ小説であること、アメリカの消費者文化の批評であることが価値を二倍、三倍にしている」としています。

2位が『Braid』。
Xbox Live Arcadeのアクションゲームで、主人公の時間を巻き戻す能力が特徴。
「保守的なスーパーマリオブラザーズスタイルに見えるが、時間を操る能力がひねりを加えている。昨年『ポータル』が証明したように、シンプルなシステムも才能ある開発者の手にかかれば無限に近いエンターテイメントとなる」

3位は『リトルビッグプラネット』。
グラフィックの美しさや質感といったグラフィック部分に加えて「『リトルビッグプラネット』はアドレナリンゲームではなく、落ち着いた和みの経験だ」と優しい雰囲気を評価しています。

4位は『Rock Band 2』。
「これまでに作られた最高のパーティーゲーム。鍵はキャンディー色のインターフェースで、音楽とあなたの間に何も遮るものがないように感じられるだろう」と楽器コントローラーの重要性をコメントします。

5位は『Gears of War 2』。
「前作と似た撃ちまくり、隠れまくりのゲームだが、それの何が問題だろうか。最も大きな違いは背景美術がより素晴らしくなっていることだ」とのことで、ゲームとしての練り込みと面白さが評価された形。

6位は『Dead Space』。
『バイオハザード4』の正統進化形ともいえるホラーゲーム。「『Dead Space』は新境地を拓くものではないが、イカした武器や驚くべき環境、速い動きや驚異の0G戦闘がサバイバルホラーを最高のものとする」……と、スタンダードな面白さと操作性の良さによる授賞の模様。

7位は『スター・ウォーズ フォース アンリーシュド』。
主人公がダース・ヴェイダーの部下であり、善なるジェダイの騎士を倒していくという内容に「ジェダイの名誉が汚されるという欠点があるが、信じられない位満足だ」とコメント。フォースで捉えた敵を壁に叩きつけたり、ライトセーバーで戦ったりといったアクションの多彩さも評価しています。

8位は『Hunted Forever』。
家庭用ゲームではなく、WEB上でプレイできるFlashゲーム。影絵のようなグラフィックが特徴で、不気味な殺人マシンから逃れつつパーツを集める横視点のアクションとなっています。「Flashゲームの開発者には2000万ドルの予算があるわけではないが、それは彼らがあらゆることに挑戦できることを意味する。それがこの不思議で革新的なゲームだ」と低予算ゆえの小回りの良さに言及しています。

9位は『Fieldrunners』。
こちらはiPhone用のゲームで、様々な砲台を組み合わせて陣地を作り、攻め込んでくる敵を迎撃するRTS。iPhoneユーザーから高評価されていることでも知られています。「App Storeが開設され、開発ツールが開放されたことで、サードパーティはiPhoneとiPod TouchをDSやPSPにとって手強い競争相手にするだろう」とiPhoneの将来性を評価。

10位は『SPORE』。
単細胞から生物を育てて宇宙にまで進出させるという内容について「これまでに作られた最も野心的なゲーム」とコメントしています。

TIME誌によるゲームベスト10は昨年と同様ゲームレビュアーLev Grossman氏による評価ですが、今年は日本ゲームが0本という少々さみしい結果。来年はGrossman氏をうならせるゲームが沢山出るといいですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  4. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  5. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  6. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  7. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】金鍵をゲットして、最強軍団を目指そう!(応用編)

  10. 教育関係者向け『マインクラフト』活用情報の共有サイトがオープン

アクセスランキングをもっと見る