人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、『メタルギア4』好調などでQ2は前年を上回る

コナミは、2008年4月1日〜9月30日の期間の第2四半期業績予想を発表しました。

ゲームビジネス その他
コナミは、2008年4月1日〜9月30日の期間の第2四半期業績予想を発表しました。

それによれば、売上高は1469億円(前年同期: 1337億円)、営業利益228億円(130億円)、純利益(税引前)225億円(130億円)、純利益(税引後)118億円(62億円)となります。

前年同期を上回る数字になりますが、要因としては、デジタルエンタテインメント事業において『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』をはじめとする家庭用ゲームソフトが順調な販売であったこと、アミューズメント施設向け商品やカードゲーム商品の販売が堅調であったことが挙げられるということです。

通期の見通しは5月に公表したものを据え置きました。通期では売上高3300億円、営業利益450億円、税引前純利益445億円、純利益260億円です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで

    【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  5. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

  6. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  7. 今週発売の新作ゲーム『Days Gone』『Mortal Kombat 11』『スターリンク バトル・フォー・アトラス』『Dreams Universe アーリーアクセス版』他

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第8回:最終回 他ソフトとのデータ連係:Shade11実践編

  10. 任天堂、ファミコンなど一部の過去ハードの修理受付を終了

アクセスランキングをもっと見る

1