人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った

東京ゲームショウ一般公開日初日の11日、正午よりフロムソフトウェアブースにて、Wiiで発売予定の『天誅4』のクリエイターズトークショーが開催されました。本作は、初代以来久々にアクワイヤが開発を担当するということで、イベントでもアクワイヤの開発ディレクターの金山圭輔氏、メインプランナーの阿部康弘氏、メインプログラマーの籾山伸弘氏が登場し、ゲームについて語ってくれました。

任天堂 Wii
【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
  • 【TGS2008】アクワイヤの開発陣が『天誅4』について語った
東京ゲームショウ一般公開日初日の11日、正午よりフロムソフトウェアブースにて、Wiiで発売予定の『天誅4』のクリエイターズトークショーが開催されました。本作は、初代以来久々にアクワイヤが開発を担当するということで、イベントでもアクワイヤの開発ディレクターの金山圭輔氏、メインプランナーの阿部康弘氏、メインプログラマーの籾山伸弘氏が登場し、ゲームについて語ってくれました。



早くも10年を迎える『天誅』シリーズですが、Wiiに舞台を移して登場する最新作のテーマは一新だそうです。「久しぶりに手掛けることになったので、一新したいというのはありました。昔のいいところのペースはそのままに、Wiiのインターフェイスや新しい要素を盛り込んだ作品にしました。ある意味では賛否両論もあるかもしれません・・・」(金山氏)

Wiiについては「まずはWiiリモコンを使って何か出来ないかという試行錯誤がありました。体感的なコントローラーになったことで忍者のアクション、キャラクターとの一体感をより楽しめるように努力しました」(金山氏)、また「Wiiでの開発は初めての体験だったのでどこまでパフォーマンスが出せるかなど苦労しました。Wiiリモコンも左利きと右利きの差など個人差が大きいので、大変でした」(籾山氏)

まだゲームが発売されてない段階ですが、続編についてのコメントもありました。一番最後のシナリオが『5』へと繋がっていくものになっていて、「彩女の行く末を、これからどうなるんだろう・・・と感じてもらえれば嬉しい」(金山氏)ということでした。

最後に一言ずつコメントがありました。「正式なナンバリングタイトルですが、先入観は捨てて、新しい内容を楽しんでもらえれば嬉しいです」(籾山氏)、「ストーリーを担当しましたが、今までの勧善懲悪の流れはそのままに、これまでよりも彩女自身に焦点を当てたものになりました。ぜひプレイしてみてください」(阿部氏)、「リモコンを使ったアクションを初めとして色々な面で新しくなりました。ファンの方も、新しいものに触れてみたい方も、ぜひ遊んでみてください」(金山氏)

ここからは『天誅4』の作曲を担当したメガアルファ代表の朝倉紀行氏が登場して、本作の音楽について話してくれました。ちなみに朝倉氏は、天誅シリーズの中で、唯一初代からずっと作品に関わっている人物で、そういう意味でも今回は緊張したということです。

朝倉氏は音楽家としての自身のキャリアとしてアジアの音楽を追求していて、これまでの『天誅』はアジアのブログレテイストの楽曲が中心でした。今回は少しクラシックの要素を取り入れたそうです。金山氏からは「今までのテイストを残しながら全く新しいもの」という難しいリクエストがあったということですが、一見矛盾した要求も最後には相通じるようになったとか。



会場ではオープニング映像が初公開となり、朝倉氏の作曲した音楽を聴くことができました。しっとりしていながらも存在感のある楽曲に会場は聴き入っているようでした。

『天誅4』は10月23日に発売予定で、サウンドトラックも10月29日に発売されることが決定しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  8. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!アグレッシブ編

アクセスランキングをもっと見る