人生にゲームをプラスするメディア

音楽ゲームで価値があるのは曲かゲームか?音楽業界とゲーム業界の見解の相違

アクティビジョン ブリザードのCEOであるRobert Kotickは、同社が『ギターヒーロー』に関して充分な著作権料を支払っていないとする音楽業界の見解に対し、「音楽ゲームが、既存の曲に新たな価値を加える」とする考え方を明らかにしました。

ゲームビジネス その他
アクティビジョン ブリザードのCEOであるRobert Kotickは、同社が『ギターヒーロー』に関して充分な著作権料を支払っていないとする音楽業界の見解に対し、「音楽ゲームが、既存の曲に新たな価値を加える」とする考え方を明らかにしました。

海外ゲームサイトEDGE-ONLINEが報じるところによると、ワーナーミュージックのEdgar Bronfmanは、音楽ゲームからの著作権料を「わずかである」とした上で「音楽ゲームは曲に依存しているものであり、現在よりも多くの著作権料を請求することができる」とコメント。これに対してアクティビジョン ブリザードはゲームに使用されている曲のダウンロード数が増えているとして「音楽ゲームが既存の曲に新たな価値を加える」と反論。「12歳の子供はスティーブン・タイラーが誰であるか、エアロスミスが何であるか知らないだろう」「多くの消費者は、演奏する時の楽しさでゲームを買っている」とする考え方を明らかにしているとのことです。

音楽ゲームで重要になるのは、曲自体の価値であるのか、それとも曲を演奏するというゲーム部分なのか。『ギターヒーロー』の大ヒットは、海外のゲーム業界と音楽業界に蜜月をもたらしたかに見えましたが、両者の見解の相違が意外なところで明らかになったといえるでしょう。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

    米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  2. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

    トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  3. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  5. 『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

  6. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  7. エレクトロニック・アーツ、「Steam」のValveに約800億円で買収提示?

  8. 新しい携帯ゲーム機「Playdate」7月に予約開始!“ペン立て”にもなるBluetoothスピーカー付き充電ステーションも登場

  9. マリオファクトリー南柏店レポート

  10. コナミホールディングス、2020年度事業利益は過去最高益に―『桃鉄』や『SOUND VOLTEX』が貢献

アクセスランキングをもっと見る