人生にゲームをプラスするメディア

『陰山英男の反復音読 DS 英語』12月4日に発売決定〜“百ます計算”の陰山氏が監修

IEインスティテュートは2008年12月4日(木)に、“百ます計算”で知られる陰山英男(かげやま・ひでお)氏が監修したニンテンドーDS用小学生向け英語学習ソフト『陰山英男の反復音読DS英語』を発売します。

任天堂 DS
IEインスティテュートは2008年12月4日(木)に、“百ます計算”で知られる陰山英男(かげやま・ひでお)氏が監修したニンテンドーDS用小学生向け英語学習ソフト『陰山英男の反復音読DS英語』を発売します。

「ファミ通ゲーム白書2008」の統計によると、2008年の幼児・学校教育ソフト市場はは、2007年から346%以上(2007年)の販売増を示しているとのことで、同時に2011年からすべての公立小学校で英語教育が必須となるのを前提に、低年齢層向けの英語学習への関心が高まっています。こうした状況を踏まえ、初めて英語を学ぶ小学生を対象に『陰山英男の反復音読DS英語』が開発されました。

『陰山英男の反復音読DS英語』は、「3匹のこぶた」など子どもたちに馴染み深い物語を軸としながら、「耳で聞き、声に出して読む」ことで「聞く耳」「発音のリズム」を、物語に沿った短い英文などをタッチペンで書くことで「書く力」を同時に養うというスタイルになっています。学習進捗状況に応じてメダルが獲得でき、それらのメダルを集めていくことで「ひみつの絵」が完成するというお楽しみ機能も備えています。

単語は600語、150フレーズを用意。単語の意味やニュアンスを小学生に理解してもらえるように、すべての単語に「挿絵」を付け、徹底的に繰り返し音読、読み書きすることで基礎英語力を習得できるようになっています。

『陰山英男の反復音読DS英語』は2008年12月4日(木)発売で、価格は税込3,990円、売上目標は今年度10万本とのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

    『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

  2. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

    『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  5. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  9. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る