人生にゲームをプラスするメディア

【オンラインゲーム一週間】医療の現場に見る、ゲームとオンラインの可能性

首相も交代し、新たなスタートとなる9月下旬ですが、ゲームと現実の関わりを考えさせられるニュースがいくつか見られました。

PCゲーム オンラインゲーム
首相も交代し、新たなスタートとなる9月下旬ですが、ゲームと現実の関わりを考えさせられるニュースがいくつか見られました。

英国オックスフォード大学では在宅リハビリを目指してWiiに使用されているようなモーションセンサーを治療に応用する研究が進められています。

また、理学療法士のElizabeth Penny氏は『Wii Fit』『Guiter Hero』『Cooking Mama』など10のゲームをリハビリに導入。「オンラインゲームは障害に関係なくプレイできるので、障害者への差別を無くすのに役立つ」とする考え方を明らかにしています。

二つのケースに共通しているのは、リハビリの問題をモチベーションの低下としていること。進歩が感じられないことを繰り返すというのはどう考えても苦痛です。モチベーションを上げるのはゲームの得意技。日本で商用ビデオゲームがブームとなった『スペースインベーダー』から30年、日本ゲーム界はモチベーションのアップを研究し続けてきたといっても過言ではありません。今こそ、社会貢献のチャンスなのではないでしょうか。

Elizabeth Penny氏の、オンラインゲームと障害に関する意見も見逃せないでしょう。オンラインゲームの世界に存在するのはゲームキャラクター。操っている人が健常者なのか障害者なのかはゲームキャラクターを見ても分かりません。Elizabeth Penny氏はオンラインでの対戦を取り上げ「彼がフランスの誰かと対戦して勝っても、対戦した人は彼が脳卒中患者であるとは思わないでしょう」とコメントしますが、正にその通りではないでしょうか。

健常者は、「障害者は自分たちと異なった存在である」と考えがちですが、それは本当でしょうか?先に北京で行われたパラリンピックに出場する選手達のインタビューを見ても、心という点においては差違がないのが分かります。勝てば嬉しいし負ければ悔しい。勝利への欲求と、勝利を掴むための努力。こと競技への姿勢において差はないのです。普通なら接点のない人たちが出会い、年齢・性別・社会的立場・障害の有無を越えて友情をはぐくめるのはオンラインの利点です。こうしたオンラインの可能性というものを、もう一度真正面から捉え直しても良いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 爆乳美少女シューター『閃乱カグラ Peach Beach Splash』PC版がVR対応!セールも開催に―アンチチート“VAC”も実装

    爆乳美少女シューター『閃乱カグラ Peach Beach Splash』PC版がVR対応!セールも開催に―アンチチート“VAC”も実装

  4. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  5. PC版『モンハン:ワールド』“防具合成”のように防具の見た目を変更できるMod登場

  6. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  7. 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

  8. VRで世界を覗こう!『Google Earth VR』がSteamで配信開始―HTC Viveに対応

  9. 1080p/60fpsに対応したPC版『戦場のヴァルキュリア』が海外で配信開始 ― セガ「国内販売の予定はない」

  10. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

アクセスランキングをもっと見る