人生にゲームをプラスするメディア

「精神科医療や患者を冒涜」日本精神科病院協会がDSソフトに抗議文

産経新聞によれば、インターチャネルからニンテンドーDSで発売された『DEMENTIUM -閉鎖病棟-』が精神科医療や患者を冒涜し、差別・偏見を助長するとして、日本精神科病院協会が発売中止やホームページの閉鎖を求める抗議文を送ったということです。

任天堂 DS
DEMENTIUM -閉鎖病棟-
  • DEMENTIUM -閉鎖病棟-
  • DEMENTIUM -閉鎖病棟-
  • DEMENTIUM -閉鎖病棟-
  • DEMENTIUM -閉鎖病棟-
産経新聞によれば、インターチャネルからニンテンドーDSで発売された『DEMENTIUM -閉鎖病棟-』が精神科医療や患者を冒涜し、差別・偏見を助長するとして、日本精神科病院協会が発売中止やホームページの閉鎖を求める抗議文を送ったということです。

『DEMENTIUM -閉鎖病棟-』では実在する病棟の名前が用いられ、「統合失調症」「抗精神病薬」といった精神疾患を連想させる名称が使用されていて、「最後まで攻略はできなかったが、精神科固有の名称がつかわれ、患者が襲ってくるようなイメージを抱かせる内容」(協会)だったということです。

ゲームは廃墟となった病院を舞台に、記憶を失った主人公が、グロテスクな姿の異形の者たちと戦いながら脱出を試みるホラーアドベンチャー。2007年のIGN Best FPSとBest Graphicsを獲得した作品で、オリジナル版はGameCock Media Groupが発売、インターチャネルが国内で6月に発売しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

    VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

  2. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る