人生にゲームをプラスするメディア

家庭用ゲーム機のオンライン市場は2013年には8億ドルに

ゲームビジネス その他

調査会社のParks Associatesは、家庭用ゲーム機におけるオンライン市場が2013年には8億ドル規模に達するとする予測を発表しています。

8億ドルに達すると予測されるのは、ビデオ配信やソフトウェア販売、仮想世界サービス、多人数プレイサービスの提供といった、家庭用ゲーム機から利用できるオンラインサービス。同社はゲーム機のネット接続機能を新しいビジネスモデルを可能にする鍵と評価。なかでもビデオ配信やゲームのダウンロード及び追加コンテンツの販売が有望視されています。この市場はXbox Liveの成功により開拓され、現在はマイクロソフトが支配するも、任天堂とソニーの両社が猛追、2013年には8億ドル(約864億円)規模に達すると予測されています。

WiiのWiiウェアやXbox360のXboxLiveArcadeなどのソフトウェア販売が定着しつつあり、PS3では北米でビデオ配信がスタート(日本では9月予定)するのに加えて仮想世界サービス「Home」が予定されています。PS3のビデオサービスではアニメ「亡念のザムド」が独占配信されるなど、既にコンテンツの囲い込みの動きもあり、各社が激しい競争を展開することが予想されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. エジソンの発明にさかのぼるアーケード産業〜日本デジタルゲーム学会基調講演

    エジソンの発明にさかのぼるアーケード産業〜日本デジタルゲーム学会基調講演

  3. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  4. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. かわいいペーパークラフトの世界−ファミコン、E缶、マリオ、オバマ大統領などを無料公開

  7. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  8. 「モンスターハンター×パセラ」コラボイベント「狩人達の宴G」新メニューを紹介

  9. 【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

  10. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る