人生にゲームをプラスするメディア

家庭用ゲーム機のオンライン市場は2013年には8億ドルに

ゲームビジネス その他

調査会社のParks Associatesは、家庭用ゲーム機におけるオンライン市場が2013年には8億ドル規模に達するとする予測を発表しています。

8億ドルに達すると予測されるのは、ビデオ配信やソフトウェア販売、仮想世界サービス、多人数プレイサービスの提供といった、家庭用ゲーム機から利用できるオンラインサービス。同社はゲーム機のネット接続機能を新しいビジネスモデルを可能にする鍵と評価。なかでもビデオ配信やゲームのダウンロード及び追加コンテンツの販売が有望視されています。この市場はXbox Liveの成功により開拓され、現在はマイクロソフトが支配するも、任天堂とソニーの両社が猛追、2013年には8億ドル(約864億円)規模に達すると予測されています。

WiiのWiiウェアやXbox360のXboxLiveArcadeなどのソフトウェア販売が定着しつつあり、PS3では北米でビデオ配信がスタート(日本では9月予定)するのに加えて仮想世界サービス「Home」が予定されています。PS3のビデオサービスではアニメ「亡念のザムド」が独占配信されるなど、既にコンテンツの囲い込みの動きもあり、各社が激しい競争を展開することが予想されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. 「京都国際マンガ・アニメフェア2013」がコミケ84に出展、CLAMP描き下ろしの共通入場券も販売

  5. ロケットカンパニー、『シェイプボクシングWii』をユービーアイにライセンス

  6. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. セガ、E3 2015への出展を見送り

  8. マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

  9. 米誌Game Informer最新レビュー

  10. 【GTMF2010東京】大量の画像データに埋もれた悲劇、『銃声とダイヤモンド』と「EsPix Pro」誕生秘話

アクセスランキングをもっと見る