人生にゲームをプラスするメディア

家庭用ゲーム機のオンライン市場は2013年には8億ドルに

ゲームビジネス その他

調査会社のParks Associatesは、家庭用ゲーム機におけるオンライン市場が2013年には8億ドル規模に達するとする予測を発表しています。

8億ドルに達すると予測されるのは、ビデオ配信やソフトウェア販売、仮想世界サービス、多人数プレイサービスの提供といった、家庭用ゲーム機から利用できるオンラインサービス。同社はゲーム機のネット接続機能を新しいビジネスモデルを可能にする鍵と評価。なかでもビデオ配信やゲームのダウンロード及び追加コンテンツの販売が有望視されています。この市場はXbox Liveの成功により開拓され、現在はマイクロソフトが支配するも、任天堂とソニーの両社が猛追、2013年には8億ドル(約864億円)規模に達すると予測されています。

WiiのWiiウェアやXbox360のXboxLiveArcadeなどのソフトウェア販売が定着しつつあり、PS3では北米でビデオ配信がスタート(日本では9月予定)するのに加えて仮想世界サービス「Home」が予定されています。PS3のビデオサービスではアニメ「亡念のザムド」が独占配信されるなど、既にコンテンツの囲い込みの動きもあり、各社が激しい競争を展開することが予想されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  2. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  3. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

    「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  7. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  8. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る