人生にゲームをプラスするメディア

id SoftwareのCEO、ハードウェアメーカーがコピーを黙認すると主張

ゲームビジネス その他

id SoftwareのCEO であるTodd Hollenshead氏はゲーム系サイト「gamesindustry.biz」のインタビューに答え、「ハードウェアメーカーは、コピーなどの不法行為を消費者への“隠れた利益”と見なしている」との見解を明らかにしました。

PCで音楽や映画などを違法ダウンロードするという“無料コンテンツ”が消費者への“隠れた利益”としてPCハードウェアの売上に寄与していることを知りながら、ハードウェアメーカーが有効な対策を行わないとするのがTodd Hollenshead氏の主張。業界人が公の場でこうした発言をすることは珍しく、波紋を投げかけています。

id SoftwareはFPS(一人称シューティング)『DOOM』『Quake』などで一時代を築いた、いわばパソコンゲームの名門。現在は不法コピーを防ぐ配信システム「steam」に参加しています。

ゲームと不法コピーは切っても切り離せない問題で、最近は任天堂など54社が不法コピーを可能とするマジコンを輸入する会社を提訴して話題となったばかり。特殊なハードウェアが無くても不法コピーが動いてしまうパソコンゲームではより深刻な問題であり、これを解決するためにプロテクトや「steam」のような配信システムなどが模索されています。クリーンな環境は、メーカーのみならず正規にゲームを買ったユーザーも求めているものであり、ゲームと不法コピーの戦いは今後も続くこととなりそうです。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

    【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. Steam購入500円引!ペイパルが数量限定クーポンキャンペーン開催

  6. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  9. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  10. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

アクセスランキングをもっと見る