人生にゲームをプラスするメディア

「ソニーやマイクロソフトと同じ事をするつもりはない」任天堂・岩田社長―WSJ

任天堂 Wii

The Wall Street Journalは「Keeping Up Nintendo's Momentum」と題して任天堂の岩田社長へのインタビューを掲載しています。その中で興味深い部分がありましたので一部紹介します。

まず、任天堂はWiiで「Wiiハンドル」や「Wiiザッパー」などの様々なアクセサリを発売してきましたが、今後もあるのか? という質問に対しては、「最初の段階で出たアイデアはほとんどリリースした」とした上で、今後もまだ出てくる可能性はあるが、そんなに沢山出す計画はない、としました。

先日のE3で発表された「Wii MotionPlus」の価格については「手頃な価格になる」という見解を示しています。製造コスト自体はそれほど高くはならないということです。岩田氏は「Wii MotionPlusがなければ遊べないゲームも、あることで遊びが向上するゲームもあるでしょう。4つコントローラーがあれば4つが必要になりますが、できるだけ少なくて済むようにしたいと思っています」としています。

最後にソニーやマイクロソフトがゲーム機から動画をダウンロードして視聴するサービスを打ち出したことについて岩田氏は「任天堂は自分たちの強みを生かしたり、ビデオゲームの幅を広げるという方向を選ぶでしょう。映画スタジオを持ってるソニーや、沢山のお金を持ってるマイクロソフトの既存サービスに対抗するようなつもりはありません」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

    【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの「チンクルの装備」ついて開発者が語る─チンクルの魅力は“嫌われている”こと!?

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの「チンクルの装備」ついて開発者が語る─チンクルの魅力は“嫌われている”こと!?

  4. 『スプラトゥーン2』スナック菓子が発売決定、シーフード味とコンポタ味の2種類が展開

  5. 【傍若無人】3DS『アライアンス・アライブ』 困った時のファイナルストライク頼み(62回)

  6. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  7. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  10. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

アクセスランキングをもっと見る