人生にゲームをプラスするメディア

D3パブリッシャー、2009年3月期Q1業績を発表―コンシューマー低迷ながらモバイルは好調

ゲームビジネス その他

D3パブリッシャーの親会社であるディースリーは、平成21年3月期 第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は18億8900万円(前年同期 21億7400万円)、営業利益▲10億9300万円(3700万円)、経常利益▲8億6700万円(1億2200万円)、純利益▲8億5800万円(▲1億2900万円)となりました。

コンシューマ事業では新規に「SIMPLEシリーズ」5タイトルを発売したほか、フルプライスの『CR新世紀エヴァンゲリオン〜使途、再び〜』を発売しました。海外では新規はないものの、前期タイトルの出荷が好調でした。ただ、『darkSector』は競合タイトルもあり、伸び悩み、小売店への販売支援費用を計上しています。コンシューマ事業は売上高16億0500万円に対し、営業損失12億2000万円でした。

一方で、モバイル事業は月額課金、ダウンロード課金ともに好調に推移し、売上高2億8400万円、営業利益2億200万円となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  6. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  7. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  8. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. すき家で「マリオオリジナルパズルプレゼント」キャンペーン

アクセスランキングをもっと見る