人生にゲームをプラスするメディア

AQインタラクティブがQ1業績を発表―『ポケモンバトリオ』は引き続き好調

アートゥーン、キャビア、フィールプラス、マイクロキャビンなどを傘下に持つAQインタラクティブは、2008年3月期第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は10億3400万円(前年同期 11億9600万円)、営業利益▲3300万円(▲900万円)、経常利益▲2600万円(▲700万円)、純利益▲3600万円(▲1億2000万円)でした。

ゲームビジネス その他
アートゥーン、キャビア、フィールプラス、マイクロキャビンなどを傘下に持つAQインタラクティブは、2008年3月期第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高は10億3400万円(前年同期 11億9600万円)、営業利益▲3300万円(▲900万円)、経常利益▲2600万円(▲700万円)、純利益▲3600万円(▲1億2000万円)でした。

コンシューマーゲーム事業ではWii向け『ザ・ワールド・オブ・ゴールデンエッグス ノリノリリズム系』を発売したほか、海外パブリッシャーへのライセンス許諾などがありました。自社販売部門の売上高は2億700万円、受託開発は5億9200万円で、合計した売上高は7億9900万円、営業損失4000万円という結果でした。

アミューズメント事業は『ポケモンバトリオ』が引き続き好調で、6月末時点での稼働台数は3000台でした。期中に新たにマイクロキャビンを買収し、受託開発事業をスタートしていてます。こちらは次期以降に業績に反映される見込みです。売上高は2億3400万円、営業利益1億1800万円でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  7. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【CEDEC 2010】スクウェア・エニックス「はじめての日米共同開発」、日本人から見たアメリカの開発手法

アクセスランキングをもっと見る