人生にゲームをプラスするメディア

革新のトップブランドはソニー、MSは3位、任天堂は7位

英国のブランドコンサルティング会社Inciteが行った調査によれば、英国の一般消費者はバークレイズ、HSBC、ブリティッシュ・エアウェイズといったブランドを保守的と看做す一方で、海外のエレクトロニクスメーカーのブランドに対して革新的という印象を抱いているようです。

ゲームビジネス その他
英国のブランドコンサルティング会社Inciteが行った調査によれば、英国の一般消費者はバークレイズ、HSBC、ブリティッシュ・エアウェイズといったブランドを保守的と看做す一方で、海外のエレクトロニクスメーカーのブランドに対して革新的という印象を抱いているようです。

18歳〜65歳の一般消費者を対象とした調査で、"最も革新的と思うブランド"と"最も保守的と思うブランド"を聞いたところ、トップに立ったのはソニーだったそうです。

ヴァージン・グループ、ダイソン、テスコ、British Sky Broadcasting、BTといった英国企業もランクインしたものの、多数は海外企業という結果で、2位にアップル、3位にマイクロソフト、4位に英国の複合企業ヴァージン、5位にノキア、6位に家電メーカーのダイソン、そして任天堂は7位という結果でした。日本のブランドも6つがランクインしています。

トップ20ブランド
1. ソニー
2. アップル
3. マイクロソフト
4. ヴァージン
5. ノキア
6. ダイソン
7. 任天堂
8. テスコ
9. Sky
10. パナソニック
11. ホンダ
12. サムスン
13. グーグル
14. フィリップス
15. デル
16. トヨタ
17. eBay
18. Amazon
19. BT
20. 東芝
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【VRやってみな 飛ぶぞ】長州力さんが最新VR『Oculus Quest 2』を初体験!ダンス・ボクシング・ホラーゲームに挑む

    【VRやってみな 飛ぶぞ】長州力さんが最新VR『Oculus Quest 2』を初体験!ダンス・ボクシング・ホラーゲームに挑む

  2. 和田洋一氏、スクウェア・エニックスとの契約を終えシンラ・テクノロジーでクラウドゲームに専念

    和田洋一氏、スクウェア・エニックスとの契約を終えシンラ・テクノロジーでクラウドゲームに専念

  3. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

    【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  7. 3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

  8. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  9. 【CEDEC 2014】良策を連発するはずが公開反省会に・・・サイバーコネクトツー&ドリコム『フルボッコヒーローズ』の成功談と失敗談

  10. ソニー、ゲーム部門でリストラ(日経新聞)

アクセスランキングをもっと見る