人生にゲームをプラスするメディア

欧州も任天堂が制する歴史的事態、と調査会社DFC Intelligence

任天堂 その他

市場調査会社のDFC Intelligenceは、今後数年の欧州市場は任天堂中心に展開するだろうというレポートを発表しました。DFCは2007年の業界動向として2つの注目トピックがあったとして (1)引き続きオンラインPCゲームが好調 (2)任天堂が世界規模で成功を収めた の2点を挙げました。その上で、欧州は任天堂が唯一不得意としていたソニーのテリトリーであり、それが覆ったのは世界全体で見ても大きな地殻変動であったと述べています。

前世代のPS2は世界的に大きなシェアを確保しましたが、欧州では特に80%を超えるシェアを獲得するなど圧倒的でした。特にそのシェアを背景に『SingStar』やEyeToyのカメラなどカジュアル路線が大きく成功していて(それらは今年2月にSCEを去ったフィル・ハリスン氏が指揮していた)、それに代わって任天堂が同じようなカジュアル路線で欧州での成功を収めているのは皮肉な現象だとレポートはしています。

DFCでは既に圧倒的な地位を占めているDSのみならず、Wiiも今後5年間はPS3やXbox360を上回るペースで普及すると予測しています。

1つの象徴としてレポートではKONAMIの『ウイニングイレブン2008』(現地ではPro Evolution Soccer 2008)が挙げられていています。世界一フットボールが愛されている欧州で、マルチプラットフォームの中でWii版が、ゲームのメタスコアを提供するMetacriticやGamerankings.comでトップのレーティングを獲得したことを触れています。

ただし、欧州でもWiiが前世代のPS2のような圧倒的なシェアを占めることは考え辛く、DFCでもシェアは50%を上回らないだろうとしています(『WoW』や『GTA4』をやりたい人もいっぱい居ると)。また、カジュアル市場を強く意識したハードということから、タイレシオはPS3やXbox360を下回るのではないかとしています。ただ、それでも伝統的に弱かった欧州で強さを発揮しているのは歴史的な出来事と言えるのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

    『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

  2. マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

    マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  4. スイッチ版『モンハン ダブルクロス』に更新データが配信―ガンナー向けの操作タイプが追加!

  5. 【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

  6. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

  7. グランプリに“乱入者”が登場する『ARMS』の更新データが配信開始!―「バッジ」などの新機能も追加

  8. 3DS『逆転裁判4』の新たなプロモーション映像が公開―進化したグラフィックを確認!

  9. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る