人生にゲームをプラスするメディア

「トム・クランシー」はこれまでにシリーズ全世界5500万本

ゲームビジネス その他

フランスの大手ユービーアイソフトは、同社の各フランチャイズのこれまでの販売本数を明らかにしています。中でもトップは、作家トム・クランシー氏の原作を元にしたシリーズで、全世界で5500万本以上が売れているということです。代表的なアクションゲームである『レイマン』シリーズが2200万本でそれに続きます。

皆さんの好きなゲームはランクインしていますか?

・レイマン 2200万本
・トム・クランシーのレインボウシックス 2000万本
・トム・クランシーのスプリンターセル 1900万本
・トム・クランシーのゴーストリーコン 1600万本
・Driver 1400万本
・Petz 1300万本
・プリンスオブペルシャ 1100万本
・The Settlers 700万本
・アサシンクリード 600万本
・Brother in Arms 500万本
・Imagine 400万本
・Far Cry 400万本
・レッドスティール 100万本
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

    【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  4. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  5. ネクソンが小中学生向けの「夏休みネクソン1日社員体験」を実施―子供達がゲームプログラミングに挑戦

  6. Wwise利用で日々の運営も効率化。KLabで使われているサウンドファイルの自動アップデート環境

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

アクセスランキングをもっと見る