人生にゲームをプラスするメディア

「トム・クランシー」はこれまでにシリーズ全世界5500万本

ゲームビジネス その他

フランスの大手ユービーアイソフトは、同社の各フランチャイズのこれまでの販売本数を明らかにしています。中でもトップは、作家トム・クランシー氏の原作を元にしたシリーズで、全世界で5500万本以上が売れているということです。代表的なアクションゲームである『レイマン』シリーズが2200万本でそれに続きます。

皆さんの好きなゲームはランクインしていますか?

・レイマン 2200万本
・トム・クランシーのレインボウシックス 2000万本
・トム・クランシーのスプリンターセル 1900万本
・トム・クランシーのゴーストリーコン 1600万本
・Driver 1400万本
・Petz 1300万本
・プリンスオブペルシャ 1100万本
・The Settlers 700万本
・アサシンクリード 600万本
・Brother in Arms 500万本
・Imagine 400万本
・Far Cry 400万本
・レッドスティール 100万本
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

    「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  4. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

アクセスランキングをもっと見る