人生にゲームをプラスするメディア

『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
  • 『九龍争覇』次期アップデートでは、アイテム関連を大改革
ロックワークスは2008年5月20日(火)、ゲームポータルサイト「ガメレオン」にて運営中のMMORPG『九龍争覇』において、次期アップデートの日程および内容について情報を公開した。

これによると、次期アップデートの実施日は「5月末日」。主な内容としては、「1.新規アイテムの追加」「2.武器を中心としたアイテムの仕様変更」「3.ドロップアイテムおよび確率の調整」「4.各種仕様変更」の4項目で、これを見てわかるとおり、基本的にはアイテム関連の追加・調整が主となっている。

目立った新要素などはないものの、リリースによると今回の仕様変更は、次々回以降の大規模戦闘、新規門派の追加、ユーザーギルド(英雄団)領土戦などのアップデートを見据えたものとあり、ある意味では今後のゲームバランスを左右する、重要なアップデートになると言えそうだ。

なお今回詳細な情報が公開されたのは、上記「1」と「2」に相当する部分のみ。「3」と「4」については、後日追っ手告知するとのことなので、今後の情報にも注目してほしい。

◆次期アップデートについて
【アップデート予定日】
5月末日

【アップデートの主な内容】
1.新規アイテムの追加
2.武器を中心としたアイテムの仕様変更
3.ドロップアイテムおよび確率の調整
4.各種仕様変更

◆1.新規アイテムの追加
<A>
初期段階で"3ソケット"の性能が付与された"業物"が新登場。これまでは2ソケット(別途で武器強化する必要あり)が限界だったが、初期段階で3ソケットの性能をもったレア武器が新たに登場する形となる。なお"業物"は、既存武器の全種類に追加される予定。

<B>
衣装(アバターアイテム)を追加。今回追加されるのは、キャラクタの全身グラフィックを変更できる衣装+4ソケット(上記参照)のアイテムとなっており、外道勢力と呼ばれる人型モンスターが着用している"なりきり衣装"が追加される予定。男性用と女性用が用意され、男性用はワイルド、女性用はセクシーなデザインとなっているのが特徴。

◆2.武器を中心としたアイテムの仕様変更
<C>
「銅環決」「鉄環決」と呼ばれるソケット生成アイテムがすべてモンスタードロップに変更。同時に、これまで"30日間"という期限しか適用されなかった効果が、"無期限"で適用されるよう変更となる。これにより、武器の強化および用途と価値が大きく変化されるものと予想される。

<D>
これまでクエストの報酬と、有料アイテムのおまけとしてしか入手不可能であったアイテム「獅子吼」をNPC販売に追加。「獅子吼」には全ユーザー対象用、白道勢力ユーザー対象用、黒道勢力ユーザー対象用の3種類が存在し、それぞれ対象範囲への全体チャットを行うことが可能。
Gpara.com

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

    PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  2. 『ソラとウミのアイダ』PC版が配信決定─DMM GAMESにて2018年春以降

    『ソラとウミのアイダ』PC版が配信決定─DMM GAMESにて2018年春以降

  3. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

    【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  4. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  5. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  6. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  7. DMM GAMESが『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のチャネリングサービス開始決定!

  8. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  9. 【特集】20年をむかえる『Ultima Online』は今でも楽しめるのか―もう一度ブリタニアへ…

アクセスランキングをもっと見る