人生にゲームをプラスするメディア

EA、テイク・ツーへのTOBを再度延長―約8%を集める

ゲームビジネス その他

米エレクトロニック・アーツ(EA)が、テイク・ツーインタラクティブに対して買収を目指して株式公開買付(TOB)を実施していましたが、第2回目の期限を5月16日に迎えました。現在のところ買収に必要な数を集め切れておらず、EAでは期限を再び6月16日の23時59分まで延長すると発表しました。

5月16日までに集まったのはテイク・ツーの発行済み株式7687万株のうち、約8%に当たる621万261株。

EAのOwen Mahoney上級副社長は、期限延長の理由にFTCが買収の妥当性について検討を行っていることもあると述べた上で、1株あたり25.74ドルの買付価格は変わらず、条件が整わなければ早期に打ち切る可能性もあるとしました。

テイク・ツーの取締役会は評価に値しないと声明で述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  3. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

    【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

  4. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  5. 「Flyers' Lab #2 世界観編」聴講レポート「自分が持つ新しいビジョンを示す仕事はいいな」とヨコオタロウ氏が語る、世界観構築術に迫る

  6. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る