人生にゲームをプラスするメディア

CBS、シーネットネットワークスを18億ドルで買収合意―CNET、GameSpotなど運営(2)

ロイター通信などによれば、米国3大ネットワークの一つ、バイアコム傘下のCBSは、CNET、ZDNet、GameSpotなどを運営するインターネットメディア大手、シーネットネットワークスを18億ドルで買収することで合意したということです。伝統的なメディアがインターネットに進出していく一つの流れと言えます。

ゲームビジネス その他
ロイター通信などによれば、米国3大ネットワークの一つ、バイアコム傘下のCBSは、CNET、ZDNet、GameSpotなどを運営するインターネットメディア大手、シーネットネットワークスを18億ドルで買収することで合意したということです。伝統的なメディアがインターネットに進出していく一つの流れと言えます。

CBSはシーネットの15日の終値に45パーセントのプレミアを付けた1株11.5ドルで株式公開買付(TOB)を行い全株取得を目指します。既にシーネット取締役会は買収を受け入れる旨を公表しています。大株主としてシーネット経営陣と対立してきたヘッジファンドグループJaba Partnersは撤退します。この買収で、CBSは既に保有している資産と合わせて、米国内の5400万ユニークユーザー、全世界2億人のインターネットユーザーを抱える事になります。

CBSコーポレーションのLeslie Moonves社長は「収益力と成長力があり、上手く経営されているCNETのようなインターネット企業を買収する機会は滅多にありません。CNETの持つ良質なコンテンツ、他を圧倒するリーチは、CBSが世界中のユーザーに提供しているエンターテイメント、ニュース、スポーツ、音楽といったコンテンツに大きなプラスとなるでしょう」とコメントしています。

シーネットネットワークスは米国サンフランシスコを拠点とし、CNET、ZDNet、GameSpot.com、TV.com、mp3.com、news.com、UrbanBaby、CHOW、Search.com、BNET、MySimon、TechRepublicなどのウェブサイトを運営し、2007年の売上は4億600万ドルでした。海外やアジアにも拠点があり、日本では完全子会社のシーネットネットワークスジャパンが、CNET、ZDNet、GameSpot Japan、鉄道コムなどを運営しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  3. 今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

    今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

  4. 『クラッシュ・バンディクー』や『ラスアス』のノーティードッグ、公式グッズサイトをオープン

  5. 62インチで対戦ゲームを!?―「iWear AV920-C」登場

  6. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  7. 国産クラウドでも海外展開できる!台湾で100万人を超えるユーザーを獲得『アンライト~Unlight』の事例

  8. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 今週発売の新作ゲーム『Deracine』『OVERKILL's The Walking Dead』『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』『テトリス エフェクト』他

アクセスランキングをもっと見る