人生にゲームをプラスするメディア

欧州サッカーなど好調!KONAMIが平成20年3月期業績発表

KONAMIは平成20年3月期業績(米国SEC基準)を発表しました。それによれば、売上高2974億200万円(前年同期比+6.1%)、営業利益338億3900万円(同+20.2%)、税引前利益328億3400万円(同+19.1%)、純利益183億4500万円(同+13.2%)と、総じて好調な結果となりました。

ゲームビジネス その他
KONAMIは平成20年3月期業績(米国SEC基準)を発表しました。それによれば、売上高2974億200万円(前年同期比+6.1%)、営業利益338億3900万円(同+20.2%)、税引前利益328億3400万円(同+19.1%)、純利益183億4500万円(同+13.2%)と、総じて好調な結果となりました。

前期は景気後退懸念がありながらも、次世代ゲーム機の普及が進み、ゲーム市場は好調に推移しました。デジタルエンタテインメント事業ではサッカーゲームの売上が欧州を中心に過去最高になったほか、『実況パワフルプロ野球14』や『プロ野球スピリッツ4』といったスポーツゲーム、『きらりん☆レボリューション』などのアニメタイトルが好調でした。北米ではWii『Dance Dance Revolution Hottest Party』も好調でした。

アミューズメント施設では『麻雀格闘倶楽部』が引き続き好調なほか、『クイズマジックアカデミー』『BASEBALL HEROES 3』『pop'n music 16』なども堅調でした。

健康サービス事業では運営施設が堅調に増加し、健康商品事業では健康管理ツールなどを販売開始しています。北米市場におけるカジノシステムを扱うゲーミング&システム事業では引き続き「K2V」シリーズのスロットマシンや「コナミ・カジノ・マネジメント・システム」の販売が順調に推移しました。

今期は『METAL GEAR SOLID GUNS OF PATRIOTS 』を全世界でリリースするほか、『ウイイレ』シリーズも全世界でマルチプラットフォーム展開が予定されています。以上などから今期は、売上高3300億円、営業利益450億円、税引前利益445億円、純利益260億円を見込むということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  2. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

    バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  3. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

    子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  4. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  5. 【OGC 2010】ある日脅迫状が届いたら・・・Maru-JanのDDoS攻撃への対応実例

  6. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  7. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  8. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  9. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  10. ゲーム開発者の生活や仕事面をアンケートで調査─男性はエンジニア系、女性はアーティスト系で活躍! 就業時間や支援などで性別差は見られず

アクセスランキングをもっと見る