人生にゲームをプラスするメディア

ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果

インターネットの調査会社ネットエイジアは、「シニア世代におけるゲーム機に関する実態調査」を実施、調査結果を発表しました。50〜79歳のシニア層の男女250名(計500名)が回答しました。

ゲームビジネス その他
ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果
  • ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果
インターネットの調査会社ネットエイジアは、「シニア世代におけるゲーム機に関する実態調査」を実施、調査結果を発表しました。50〜79歳のシニア層の男女250名(計500名)が回答しました。

まず、所有している据え置き型ゲーム機については、PS2が22.8%で最も多く、次いでPSoneが10.0%、Wiiが8.6%などとなり、「所有していない」という回答は67.0%でした。携帯ゲーム機については、DS Liteが12.6%、DSが10.4%と最も多く、PSPは4.8%でした。「所有していない」という回答は73.0%でした。携帯ゲーム機は男女差が大きく、女性はDSが28.0%、PSPが3.6%だったのに対して、男性はDSが18.0、PSPが6.0でした。

ゲームを一緒に遊ぶ相手は据え置き型では、「ひとりで」(65.1%)、「子ども」(34.0%)、「配偶者」(20.8%)、「孫」(5.7%)という回答でした。一方携帯ゲーム機では、「ひとりで」(85.7%)、「子ども」(10.7%)、「配偶者」(8.0%)、「孫」(6.3%)と、携帯ゲーム機ではひとりで遊ぶ傾向が強いことが分かりました。

ゲーム機で遊ぶ理由については、据え置き機では「意外に面白いから」という回答が65.1%で最も多く、「家族と遊べ共通の話題になるから」(24.5%)、「頭のトレーニングとして」(20.8%)、「体を使えるから」(16.8%)といった回答でした。携帯ゲーム機では『脳トレ』などの影響もあってか、「頭のトレーニングとして」(76.8%)と圧倒的な回答でした。

シニア層のゲーム機の所有率は据え置き機で33%、携帯ゲーム機で27%ということですが、据え置き機が上回っているというのは意外な結果かもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

    【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  3. 『Call of Duty』と『GTA』は同じ会社に!? アクティビジョンがテイク・ツーを買収するという噂

    『Call of Duty』と『GTA』は同じ会社に!? アクティビジョンがテイク・ツーを買収するという噂

  4. 【SIG-Glocal#11】中国市場の独自性、BBCがGDCに参戦した理由とは?・・・GDC2013報告会

  5. マーベラスエンターテイメント赤字見込みに・・・英国子会社から撤退

  6. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  7. 部屋全体をゲーム空間に マイクロソフトの新技術「IllumiRoom」をチェック

  8. ディー・エヌ・エー、創業者の南場智子CEOが6月末で退任・・・Mobageで1000億円企業に

  9. 最高画質でも完璧! TSUKUMOの『ファンタシースターオンライン2』推奨認定PCレビュー

  10. UI/UXは誰の仕事?・・・UX Tokyo酒井氏が語る"ユーザー体験"のデザイン

アクセスランキングをもっと見る