人生にゲームをプラスするメディア

ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果

ゲームビジネス その他

ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果
  • ゲームはシニアにとっても「意外に面白い」―調査結果
インターネットの調査会社ネットエイジアは、「シニア世代におけるゲーム機に関する実態調査」を実施、調査結果を発表しました。50〜79歳のシニア層の男女250名(計500名)が回答しました。

まず、所有している据え置き型ゲーム機については、PS2が22.8%で最も多く、次いでPSoneが10.0%、Wiiが8.6%などとなり、「所有していない」という回答は67.0%でした。携帯ゲーム機については、DS Liteが12.6%、DSが10.4%と最も多く、PSPは4.8%でした。「所有していない」という回答は73.0%でした。携帯ゲーム機は男女差が大きく、女性はDSが28.0%、PSPが3.6%だったのに対して、男性はDSが18.0、PSPが6.0でした。

ゲームを一緒に遊ぶ相手は据え置き型では、「ひとりで」(65.1%)、「子ども」(34.0%)、「配偶者」(20.8%)、「孫」(5.7%)という回答でした。一方携帯ゲーム機では、「ひとりで」(85.7%)、「子ども」(10.7%)、「配偶者」(8.0%)、「孫」(6.3%)と、携帯ゲーム機ではひとりで遊ぶ傾向が強いことが分かりました。

ゲーム機で遊ぶ理由については、据え置き機では「意外に面白いから」という回答が65.1%で最も多く、「家族と遊べ共通の話題になるから」(24.5%)、「頭のトレーニングとして」(20.8%)、「体を使えるから」(16.8%)といった回答でした。携帯ゲーム機では『脳トレ』などの影響もあってか、「頭のトレーニングとして」(76.8%)と圧倒的な回答でした。

シニア層のゲーム機の所有率は据え置き機で33%、携帯ゲーム機で27%ということですが、据え置き機が上回っているというのは意外な結果かもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  2. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  3. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

  6. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  7. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  8. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る