人生にゲームをプラスするメディア

欧州委員会、アクティビジョンとビベンディの合併を承認

ロイター通信によれば、欧州委員会はフランスの複合企業ビベンディのゲーム部門と、米国のゲームパブリッシャー、アクティビジョンの合併について承認したということです。約1000億円規模の取り引きとなる大型案件で、エレクトロニック・アーツと並ぶ巨大独立系メーカー「アクティビジョン ブリザード」(Activision Blizzard)が誕生します。

ゲームビジネス その他
ロイター通信によれば、欧州委員会はフランスの複合企業ビベンディのゲーム部門と、米国のゲームパブリッシャー、アクティビジョンの合併について承認したということです。約1000億円規模の取り引きとなる大型案件で、エレクトロニック・アーツと並ぶ巨大独立系メーカー「アクティビジョン ブリザード」(Activision Blizzard)が誕生します。

欧州委員会は「エレクトロニック・アーツ、ソニー、任天堂、マイクロソフトと、ゲームはあらゆる分野で健全な競争が行われている」とコメント、合併で誕生する巨大企業も寡占状態を生む懸念はないという見解を示しています。

アクティビジョンは『ギターヒーロー』『コール・オブ・デューティ』『トニーホーク』などアクションやスポーツ分野で協力なフランチャイズを持ち、ビベンディは傘下のブリザードの『World of Warcraft』などのRPG資産を持ちます。合併後の会社はビベンディが52%の株式を所有します。ナスダックへの上場は維持される見込みです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  5. スクエニ、2013年3月期決算 ― 環境変化、欧米苦戦、アミューズメント機器不振により大幅赤字

  6. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. 【売上ランキング】 『ポケモンレンジャー バトナージ』が貫禄の1位、新作多数で賑やかな週(3/17-3/23)

  10. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

アクセスランキングをもっと見る