人生にゲームをプラスするメディア

Interplay、ゲーム事業に復帰―MMO『Fallout』を皮切りに

業績不振でゲームパブリッシャーから撤退していた米Interplay Entertainmentは、MMOの『Fallout』を皮切りにゲーム事業に復帰することを明らかにしました。もともと『Fallout』は同社の代表作の一つですが、経営再建の過程で2007年にBethesdaに売却、今回はライセンスを受けての制作となります。

ゲームビジネス その他
業績不振でゲームパブリッシャーから撤退していた米Interplay Entertainmentは、MMOの『Fallout』を皮切りにゲーム事業に復帰することを明らかにしました。もともと『Fallout』は同社の代表作の一つですが、経営再建の過程で2007年にBethesdaに売却、今回はライセンスを受けての制作となります。

Interplayでは今後も『Earthworm Jim』『Dark Alliance』『Descent』『MDK』といった主力タイトルの続編を開発していく意向を示しています。内部の開発スタジオを構築するためのゲーム開発者の募集も行っているということです。

会長兼CEOのHerve Caen氏は「2007年は私達の成長の為の基礎を築いた一年でした。先に進む為に、我々はビジョンを持ち、ユニークなIPを保有し、少ない負債と低オペレーションコストという武器もあります。ファンやユーザーのために新しい我々の取り組みをリニューアルする公式サイトで伝えるつもりです」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 東京ゲームショウ2005出展タイトル第2弾が発表に

    東京ゲームショウ2005出展タイトル第2弾が発表に

  2. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  3. 『マリカDD』、『マリパ5』、『ナルト2』の店頭ゲーム大会開催へ

    『マリカDD』、『マリパ5』、『ナルト2』の店頭ゲーム大会開催へ

  4. 【昨日の人気記事チェック】「バーチャルコンソール」1月6日配信作品(1月6日)

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. イスラーム法とゲームの関係―IGDA日本SIG-Glocalization

  7. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  8. コンテンツ海外流通促進機構がホームページを開設

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

アクセスランキングをもっと見る