人生にゲームをプラスするメディア

東京都心、1回あたりの平均消費額トップは秋葉原

インターネットを使った調査会社のヤフーバリューインサイトは、C-NEWSとYahoo!JAPANが共同で実施して、東京都心の「街の実力」についてのアンケート結果を発表しました。新宿、渋谷、六本木など10地区について聞いたところ、一回あたりの平均消費額は秋葉原がトップになったそうです。

ゲームビジネス その他
インターネットを使った調査会社のヤフーバリューインサイトは、C-NEWSとYahoo!JAPANが共同で実施して、東京都心の「街の実力」についてのアンケート結果を発表しました。新宿、渋谷、六本木など10地区について聞いたところ、一回あたりの平均消費額は秋葉原がトップになったそうです。

来訪一回あたりの平均消費額は上位に、渋谷(6位)、六本木(5位)、新宿(4位)、青山・表参道(3位)、銀座・有楽町(2位)といった商業地域が並びましたが、トップに立ったのは秋葉原で、平均消費額は7935円となりました。家電や趣味の街という側面が大きく作用したものと考えられます。

6月には東京メトロ副都心線が開業しますが、10地区のうち最近1年間での来訪頻度については、新宿(20.5日)、池袋(13.6日)、渋谷(12.3日)と、副都心線が繋ぐ3都市が上位を占めました。秋葉原は8.1日でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  3. 【CEDEC 2010】老舗ゲームメーカーの人材育成とは、セガの場合

    【CEDEC 2010】老舗ゲームメーカーの人材育成とは、セガの場合

  4. PSP版よりVita版の方が売れ『GE2』は初週37.8万本、『ポケモン X・Y 』と『MH4』の差が1万本を切る…週間売上ランキング(11/11~11/17)

  5. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 「NARUTO-ナルト-」がオンラインゲーム化!バンダイナムコゲームスと中国テンセントが契約

  8. ウェブからネイティブへ、2Dから3Dへ―――gumiの新作タイトル『ファントムオブキル』、Mayaでの挑戦・・・第4回「3Dモバイルゲーム新時代」

  9. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  10. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

アクセスランキングをもっと見る