人生にゲームをプラスするメディア

ウォルト・ディズニー・ジャパンとYahoo! JAPAN Yahoo!ゲーム、Yahoo!きっずでサービスの連携を開始

ゲームビジネス その他

ウォルト・ディズニー・ジャパンとYahoo! JAPAN
Yahoo!ゲーム、Yahoo!きっずでサービスの連携を開始

〜Yahoo! JAPANとディズニーが新広告商品を共同開発、配信で協力〜

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都目黒区、代表取締役:ポール・キャンドランド、以下、ディズニー)とYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(東京都港区、代表取締役:井上雅博、以下、Yahoo! JAPAN)は4月1日より、「Yahoo!ゲーム」(URL:http://games.yahoo.co.jp/)「Yahoo!きっず」(URL:http://kids.yahoo.co.jp/)とディズニー公式ホームページ「Disney.jp」においてアド・ネットワークによる連携を開始します。

今回の取組みは、両社にとって重要なビジネス戦略に即したものとなります。この取組みにより、ディズニーは、幅広いユーザー層を持つYahoo! JAPANを通じて、高品質でリッチなエンターテイメントをより多くのディズニーファンの皆様にお届けすることができます。また、Yahoo! JAPANにとっては、今回の取り組みは昨年から推し進めているオープン化(連携サイトとの協業による双方の収益拡大)の一環となります。

両社は「Yahoo!ゲーム」や「Yahoo!きっず」からディズニーの公式サイトへユーザーの誘導を図るほか、ディズニー公式サイトの広告配信も行います。この取組みでは、Yahoo! JAPANとディズニーのコンテンツを連動させ、「Yahoo!ゲーム」や「Yahoo!きっず」で、ディズニー公式ゲームサイト「ディズニーゲームズ」で提供している、人気ゲームを楽しむことができます(*1)。またYahoo! JAPANのサイトから、より多くのディズニーのゲームを提供しているディズニーゲームズ(URL: http://yahoo.disneygames.jp/)へ誘導を行います。ディズニーのサイトで表示される広告はYahoo! JAPANから配信されます。

ディズニーとYahoo! JAPANはこれまでもディズニーとソフトバンクモバイル株式会社の協業による携帯通信事業「ディズニー・モバイル」のポータルサイト「Disney Web」上で、Yahoo!検索をはじめとするモバイル版「Yahoo! JAPAN」の人気サービスやコンテンツコラボレーションを行ってまいりました。今後も両社は、Yahoo! JAPANにおけるディズニーのエンターテイメントサービスを拡大し、より魅力的な広告商品の開発とスポンサー企業への機会拡大を図ってまいります。

今回の取り組みについて、ウォルト・ディズニー・インターネット・グループ、 アジアパシフィック代表 ダンカン・オレル・ジョーンズは次のように述べています。
「Disney.jpは、ストーリー性に富んだ伝統的なディズニーらしさと、最新テクノロジーを使ったインターネット向けコンテンツを統合した、幅広いエンターテイメントを皆様に提供しています。今回のYahoo! JAPANとの取組みにより、子供から大人まで幅広いディズニーファンに人気のエンターテインメントを、高品質なプラットフォーム上で、より多くの皆様に提供できることを嬉しく思います。」

また、ヤフー株式会社 代表取締役社長 井上雅博は次のように述べています。
「ディズニーとYahoo! JAPANの強みを活かし、コンテンツサービスを共同で開発していくことは、両社にとって有意義な取組みです。 ディズニーと共に最高のインターネット環境をお客様に提供できることを、非常に嬉しく思っています。」


*1 Yahoo!ゲーム上でのディズニーゲームズの人気ゲームの提供の開始は近日中を予定しています。

【アド・ネットワーク】
一昨年からYahoo! JAPANがオープン化政策の一環として推進しているもので、Yahoo! JAPAN内の広告枠とパートナーサイトの広告枠を束ねてネットワーク商品化し、一括販売するものです。Yahoo! JAPANでは、インターネットの“LIFE ENGINE”となることを目指し、「ソーシャルメディア化」「Everywhere化」「地域・生活情報」そして「オープン化」という4つの方針に基づき、外部企業との連携を強化しています。

【ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社】
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーは、1959年日本における子会社の設立により日本市場に本格参入しました。2000年4月には国内の関連会社を地域本社として統合、2002年8月にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社に社名変更し、東京ディズニーリゾート以外のディズニービジネスを日本で管轄しています。
映画、テレビ、DVD/ブルーレイディスク、音楽、パーク&リゾート、商品、出版、ゲーム、インターネットなど多岐に渡る分野において各事業間の“シナジー”(相乗効果)を強化しながら多角的な事業を展開しています。

 
【ウォルト・ディズニー・インターネットグループ】http://disney.jp/
ウォルト・ディズニー・インターネット・グループは、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の一部門であり、日本およびアジア・パシフィックにおけるウォルト・ディズニー・カンパニーのインターネット事業を統括運営しています。日本国内においては、携帯電話事業「ディズニー・モバイル」を始め、ディズニー公式ホームページ、ディズニー公式携帯サイト、ゲームポータルサイト「ディズニーゲームズ」、家族の時間を楽しむためのサイト「ディズニー・ファミリータイム」などを展開しています。また、新たな取り組みとしてディズニー・キャラクター以外のコンテンツ運用も手掛けています。今後も携帯電話事業とインターネットを通じてディズニーの様々な新しいエンターテイメントを提供し続けていきます。
プレスリリース:http://press.wdig.jp/

【Yahoo! JAPAN】http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約4975万人のユニークカスタマー数※と、1日16億ページビューのアクセスを誇るインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイルなど多くのサービスを提供しています。

※2008年1月のNielsen Online「NetView AMS JP」における家庭からの視聴率88.3%、職場からの視聴率90.9%というデータをもとに、家庭、または職場からのインターネットユーザーを約5625万人(Nielsen Online「インターネット基礎調査」より)としてYahoo! JAPANのユニークカスタマー数を算出。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  6. テーブルトークRPG好きにはたまらない? ブラウザで遊ぶ本格ゲーム『英雄クロニクル』をプレイした

  7. 木彫りの置物も販売!ポケモンセンター「グレッグル・バザール」開催

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  10. ゲーム業界をめざす学生は何を持ち帰ったか?学生向け業界研究セミナーレポート

アクセスランキングをもっと見る