人生にゲームをプラスするメディア

セガコリア解散と韓国でのWii発売 果たして日本メーカーにとっての韓国市場とは?

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスは、子会社であるセガコリアを解散すると発表しました。

セガコリアは2003年に設立された会社で、現地におけるアミューズメント施設の運営などを行っていましたが、今回の決定で5年の歴史を閉じることとなります。

正式な解散日は未定ですが、アーケード部門は4月末に撤収。現状の施設は維持されます。セガサミーホールディングスは「効率化の一環として解散することを決定」したとコメントしています。

国内ゲーム業界の大きな注目を集めてきたのが韓国市場。地理的にも感性的にも近いとされることもあり、攻略は不可能ではない、といわれてきました。

奇しくも任天堂がWiiを韓国市場で正式販売することが話題となっているタイミングでのセガコリア解散。

韓国市場は、隣に広がる肥沃な土地なのか。

マイクロソフトが日本で苦戦するように、日本メーカーも韓国では苦しい戦いを強いられるのか。

対照的な二つのニュース、韓国市場は日本メーカーにどのような判断を下すかが注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  6. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  8. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  9. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  10. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

アクセスランキングをもっと見る