人生にゲームをプラスするメディア

荒川 弘「鋼の錬金術師」コミックス発行部数が累計3,000万部を突破

スクウェア・エニックスは2008年3月27日(木)、同社が発行する月刊コミック誌「少年ガンガン」で連載中の「鋼の錬金術師」(原作:荒川 弘)のコミックス発行部数が、累計3,000万部を突破したと発表した。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックスは2008年3月27日(木)、同社が発行する月刊コミック誌「少年ガンガン」で連載中の「鋼の錬金術師」(原作:荒川 弘)のコミックス発行部数が、累計3,000万部を突破したと発表した。

今回の記録は、3月22日(土)に発売された第19巻をもって達成されている。最新巻である第19巻は、コミックランキングにおいても販売数第1位にランクインされる(日本出版販売株式会社 調べ)など、現在も好調に販売を伸ばしている。

「鋼の錬金術師」は、幼き日に最愛の母親を亡くしたエドワードとアルフォンスのエルリック兄弟が錬金術によって失った自らの身体を取り戻すため、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出るというストーリーで、少年の成長と命の尊さを壮大なスケールで描いた作品。

連載は2001年7月より「少年ガンガン」でを開始され、これまでに、同社が発行する出版物やゲームソフトへの展開にとどまらず、2003年10月にはファン待望のTVアニメ放送も開始された。さらに2005年7月には、劇場版「鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者」を公開し、100万人以上の観客総動員数を記録している。また、2004年1月には第49回小学館漫画賞をはじめとした各賞を受賞するなど、各界から高い評価を得ている作品。

同社は「鋼の錬金術師」の好調なセールスに関して、以下のようにコメントしている。「同作が訴える普遍性の高いテーマが男女問わず幅広いファン層の支持を得たことに加えて、あらゆるメディアでの展開を連動させたことなどが、今回の全19巻で累計発行部数3,000万部を突破するという快挙に貢献したものと思われます」。

■関連リンク
「鋼の錬金術師」公式サイト
スクウェア・エニックス

「鋼の錬金術師」
(C)2008 Hiromu Arakawa
Copyright (C) 2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

    鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  4. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  5. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  6. 『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

  7. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  8. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  9. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  10. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る