人生にゲームをプラスするメディア

一足お先に!『MHP2ndG』の新モンスター・新クエストに出会ってきました!

ソニー PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
  • モンスターハンターポータブル 2nd G
発売日も迫るPSP用ゲーム『モンスターハンターポータブル 2nd G(MHP2ndG)』。
『MHP2ndG』は、驚異の170万本以上を達成。全国大会には人が溢れ、学校で、オフィスで、秋葉原で、様々な年齢層の人がプレイしていたのですが、その続編となるのが『MHP2ndG』です。果たしてどのような変化を見せてくれるのでしょうか。

●便利な新機能を満載
プレイして最初に驚くのは、インターフェースの細かな改良でしょう。元からゲームのバランス調整やユーザーフレンドリーな機能が評判だった「MHP」シリーズですが、3作目となる『MHP2ndG』では更なる便利さが追求されています。

今回、ボックス内のアイテムは種類を問わず1枠99個ストックが可能です。どれだけ便利になったのか、例を挙げてみましょう。これまでは「回復薬グレート」を90個ストックしたい場合は、10個×9枠が必要となっていたのですが、『MHP2ndG』ではこれが1枠に収まります。また、初期状態で既に800枠の空きスペースがあるため、引き継ぎプレイを考えている人には特に朗報といえるでしょう。

「モンハン」で大事な「調合」ですが、今回はアイテムボックスから材料を取り出さずとも、ボックス内での「調合」も可能に。また、キッチンアイルーからアイテムをねだられた時も、アイテムボックスから直接渡すことができます。さらには、お店で買った品物やクエストのクリア報酬をアイテムボックスへ送る機能が追加されています。モンスターにあわせた装備を選ぶのは「モンハン」のキーポイントですが、「マイセット」の登録数もアップ。



また、「ポッケ農場」では釣場のエサの残り数が表示されるようになったり、ポッケ農場で採集中にアイテムポーチが一杯になっても、直接アイテムボックスへ入れる処理方法が増えていたりします。
前作をプレイした人なら、これらの変更がいかにプレイアビリティを上げるかが分かるはず。新作となると、新モンスターや新武器に目がいきがちになりますが、こうした足回りの部分もしっかり強化されているのが『MHP2ndG』なのです。



●新たな天地、新たな眠鳥、新たな仲間
新たなフィールドとして登場するのは「樹海」。緑の絨毯のような地面にたたずむ巨木。木々の葉が天蓋のように繁り、奥地には獣人族の住みからしき場所もある、神秘的なフィールドです。「樹海」に棲む新たなモンスターの名は眠鳥「ヒプノック」。美しい色合いの羽根を持つ鳥竜種で、睡眠ガスを吐く一風変わった相手です。ハンターは何度となく眠りの洗礼を受けることになりますが、そこで重要となるのが仲間との連携。

「仲間って言っても、僕は1人プレイ派だし……」という人もご安心を。1人プレイでの新たな仲間「オトモアイルー」がついてきてくれます。「アイルー」といえばネコのような姿をした「モンハン」のマスコット的存在。プレイヤーの多くが心に抱いた「アイルーとクエストにいきたい!」という願いが、『MHP2ndG』で遂に現実となりました。

「オトモアイルー」は様々な性格を持っており、多彩な動きを見せてくれます。巨大なモンスターに猪突猛進するだけでなく、ハンターが眠らされたりした場合は起こしてくれることもあります。そればかりか、フィールドでアイテムを収集してくれたりもするのです。これでもう寂しくありません。「もしもオトモアイルーが力尽きたら……」なんて心配も無用。彼らは危なくなるといち早く地中に潜り、体力を回復してから復帰してくれます。もちろん、報酬金が減ることはありません。「オトモアイルー」とハンターの間には絆ともいえる「なつき度」が存在しているため、育成にも力が入りそうです。

●新たなクエスト、新たな獣人種、新たな甲虫種
これまでの「MHP」シリーズでは、一つのクエストに異なった種のモンスターが複数登場することはありませんでした。通常種と亜種、……といった同一種の組み合わせはありましたが、『MHP2ndG』の新しいクエストルール「大連続狩猟」ではこの常識が打ち破られます。一例を紹介しますと「砂漠を統べる者」では「ダイミョウザザミ」「ドスガレオス」「ディアブロス」といった全く異なった種のモンスターを順番に狩猟していきます。「連戦、盾蟹と水竜!」では「ダイミョウザザミ」「ガノトトス亜種」と連続して狩るといった感じです。討伐したモンスターからは次の狩に備えてアイテム回復系を入手できるといったルールも特徴です。それぞれ、弱点となる部位や属性が異なっているため、平均して効果を発揮する属性を用意するか、一匹に特化した武器を使うのか、これまでとは異なった考え方が必要となります。また、一つのクエストの中でいくつもの立ち回りを要求されるため、ハンターとしての引き出しの多さを問われることにもなる訳です。特定の種が苦手なクエストメンバーが居た場合、これをいかにフォローするか。得意なモンスターでいかに活躍するか。クエストメンバーのことを、これまで以上に意識した狩猟が必要となるわけです。報酬として、出現したモンスター全ての素材が手に入るため、手強いけれど実りの多いクエストとなりそうです。

今回初公開となったのが「キングチャチャブー」と「クイーンランゴスタ」。「キングチャチャブー」は獣人種「チャチャブー」の族長で「奇面族と高価なキノコ」などのクエストで登場。「チャチャブー」との連係攻撃は、モンスターたちの狩りとは異なった緊張をハンターにもたらします。





「クイーンランゴスタ」は、甲虫種「ランゴスタ」の女王で、「女王虫の羽音」などのクエストで登場します。これまでにも『MHP2nd』では巨大な「ランゴスタ」が登場しましたが、「クイーンランゴスタ」はそれとは一線を画す存在。表情というものが見えない甲虫種だけに、初めて見たハンターは必ずや恐怖するはずです。





●全てが変わった『MHP2ndG』
『MHP2ndG』は前作とは大きく異なったゲームとなっています。狩猟の立ち回りを変える新たな相棒。異なる種のモンスターとの連続狩猟。新たなフィールド。そして新たな機能の数々。これだけのことが変わった新たな世界、ハンターとしてはワクワクしてきませんか?1人プレイで全ての要素が味わえ、仲間と共にやればなお楽しい。新たなコミュニケーションツールとなりつつある「モンハン」は、今年も熱狂の渦を巻き起こせるのでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

    『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

  2. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

    約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

  3. 『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

    『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

  4. 『モンハン:ワールド』追加モンスター“ベヒーモス”配信予定日が明らかに―“竜騎士”イメージの操虫棍&防具も登場

  5. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【納涼の宴】開催!受付嬢たちが水着姿でお出迎え

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  8. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

  9. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  10. 通常版PS4でもヌルヌル動くオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』ゲームプレイ映像が公開!

アクセスランキングをもっと見る