人生にゲームをプラスするメディア

ゲームオン、『Soul of the Ultimate Nation』ファンイベント開催

PCゲーム オンラインゲーム

Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
  • Soul of the Ultimate Nation
ゲームオンは20日、東京浜松町にある文化放送メディアプラスホールにて、『Soul of the Ultimate Nation(以下、SUN)』のファンイベントを開催しました。招待されたのはSUNのクローズドβテストに参加したユーザーです。イベントの司会は声優の"イソッチ"こと磯村知美さん。ゲームの解説はゲームオン プロデューサーの麥谷将人(むぎたにまさと)氏と、特別ゲストとして招かれた韓国ウェブゼン社のプロジェクトリーダー イ・スンロ氏です。



■『SUN』サービス開始は3月24日13:00から!

イベントが始まると、まずはプロモーションビデオが流されました。上映後に麥谷氏は、オープンサービスの開始日時は3月24日13:00と発表。いままでクローズドβテストで使われていたイグニスサーバーに加えて、新規プレイヤーのためにシュバルツサーバーが追加されます。そして、キャラクターのレベル上限は30から60に引き上げられるそうです。
サービス開始にあたって、さまざまな追加要素も明かされました。麥谷氏は、「9つのフィールドマップと、エテレインの街が追加されます。現在調整中なので、もしかしたらもう少し増えるかもしれません」と発表。エテレインの街はクローズドβテストの世界とは雰囲気が変わり、比較的明るい街です。この街の設定は、かつてイグニス率いる解放軍とシュバルツの帝国軍が争っていたエリア。いまは解放軍が奪還しているという設定になっています。なお、追加されるマップは以下のとおりです。

■追加される10種類のフィールドマップ■

●都市聖地エテレイン

●エテレイン地下水路エリア
・未完の記念館
・混沌の道
・神聖な廊下
・錆びた水門の地下水路
・迷宮の地下水路

●凍りついた迷宮エリア
・エテレイン(村)
・要塞の聖城
・雪原地帯
・凍りついた庭園
・廃墟の塔
・氷水晶宮殿


これらのフィールドの画面写真は、会場のスクリーンで紹介されました。イソッチは映し出された場面を見て、「個人的な感想では、SUNのフィールドは雪が似合いますよね。チュートリアルが雪でしたから」とコメント。すると麥谷氏は、「そうかもしれませんね。でも、今回追加されるのは凍りついた土地という印象が強いです。透きとおったモンスターも登場しますよ」と答えました。



■ミッションについて

続いてミッションの紹介が行なわれました。クローズドβテストでは「野獣の森」のミッションを楽しめたが、新たに「エテレインの地下水路」のミッションが追加されます。このエリアはアンデット系のモンスターが多く生息していて、亡霊たちを解放するようなクエストが追加されるとのこと。
麥谷氏は会場のスクリーンに映った画面写真を指し、「映画『インディ・ジョーンズ』のような雰囲気ですね。アンデッド系のモンスターの他にも、悪魔やドラゴン系のモンスターも登場します」と解説。また、高レベルのモンスターが登場するということで、ドロップする武器のレベルも上昇します。村では購入不可能な、7次武器と6次防具が実装されます。


■"ランクアップシステム"でアイテムの強化が可能に!

クローズドβテストでは、アイテムを強化するには宝石を使って"エンチャント"を行なうしかなかった。しかし、サービス開始後は新たに"ランクアップシステム"が実装されます。これは、ふたつの武器や防具を合体させてアイテムを強化させる方法。合体させられる条件は、アイテムの種類が同じで、なおかつ同ランク、同エンチャント等級のアイテムでなければならないそうです。
ランクアップさせたアイテムを装備すると、キャラクターのパラメーターが強化したり、攻撃速度がアップします。強化される項目の種類は、30種類くらい用意されるそうです。


■PvPで友だちとのバトルも楽しめる

友だちと戦えるPvPバトルゾーンも追加されます。これは比較的小規模なPvPですが、今後は大規模なPvP機能も予定しています。麥谷氏は「小規模戦でも楽しいですが、大規模な戦争はコミュニティーを活性化させる上で重要だと思っています。現在はグラフィックの問題ですぐには実装できないけれど、開発のウェブゼン社には要請を出しています。いつかは実装させたい!」と今後の展開を語りました。



■開発元のウェブゼン社より、プロジェクトリーダー イ・スンロ氏登場

麥谷氏のアップデート紹介が終わると、壇上にウェブゼン社でSUNのプロジェクトリーダーを担当しているイ・スンロ氏が現れました。イ氏は会場に訪れたファンに「"バーサーカー"を見て誰かに似ていると思いませんか?」と問いかけた後、誕生秘話について触れました。当時キャラクター原画を担当しているスタッフのデスクには、サッカーのベッカム選手の写真がたくさん貼られていたそうです。「彼が熱狂的なファンだったため、バーサーカーにベッカム選手の面影がある」とイ氏は語りました。そして、そのスタッフは最近、女優の広末涼子さんが気に入っているそう。もしかしたら、今後追加される女性キャラクターは広末似になるかもしれない!?

現在韓国で実装されており、日本でも実装される要素をふたつ挙げました。ひとつはドラゴンナイトが竜に変身するシステム。変身するとさらに強くなり、見た目も変化します。また、"キャラクターチェンジアップシステム"によって、すべてのキャラクターが新しい職業に転職可能になるとのことです。
もうひとつの要素は、"呪われた塔"と呼ばれるもの。これは、全部で4つの塔で構成されています。塔は10階ごとに中型モンスターが登場し、最上階にはボスが待ち構えているようです。この塔を攻略することによって、強力な新しい装備やアクセサリーを入手できるようになります。

そして最後に、まだ韓国のメディアにも大きく公表していない情報を明かしてくれました。なんと、2008年内に新しいキャラクター"シャドウ"を追加すると発表。その他にも、MMORPGには欠かせない釣りシステムやペットシステムなどの新コンテンツも予定しているようです。
実装されるタイミングについては言及されませんでしたので続報を待ちましょう!

《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG』開発元がチャリティーイベントに合計200万ドルを寄付予定、日本円にして約2億円

    『PUBG』開発元がチャリティーイベントに合計200万ドルを寄付予定、日本円にして約2億円

  2. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  3. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

    【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  4. 白黒TVであの『Cuphead』をやってみた!海外ユーザーによる雰囲気たっぷりの映像が到着

  5. このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

  6. 『PUBG』ファンメイド実写パロディー映像…衝撃のドン勝を見逃すな

  7. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  8. 【ゲームの中では傍若無人】外伝:『刀剣乱舞』相模サーバは治外法権?検非違使にまったく出会えない

  9. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

アクセスランキングをもっと見る