人生にゲームをプラスするメディア

MajescoがQ1業績を発表―売上の大部分はDSとWiiから

ゲームビジネス その他

米国の中堅パブリッシャー、Majesco Entertainmentは、2008年第1四半期(1-3月)の業績を発表しました。それによれば売上高は1870万ドル(前年同期比+29パーセント)、純利益は270万ドルとなりました。特にタイトーからライセンスを取得して販売している『クッキングママ』シリーズが好調でした。

「ビジネスプランは順調に推移していて、今年の残りの期もオペレーションの改善が利益に貢献すると考えています。新しいスタジオの最初のタイトルが今年中に発売されると共に、ラインナップの拡充とデジタル流通のタイトルの充実に取り組んでいます」とCEOのJesse Sutton氏はコメントしています。

2008年度では5300〜5800万ドルの売上を見込んでいて、Majescoではそのうち59パーセントはDSタイトルから、40パーセントはWiiタイトルによるものになるだろうと予測しています(残り1パーセントはWii以外の家庭用ゲーム機)。またQ1のうち99パーセントは米国での売上だったということです。

今年のラインナップとしてはWiiのクッキングママ新作『クッキングママ ワールド・キッチン』、PCの人気ゲームを移植したDS『ベビーシッティング・マニア』、アバターを使って遊べるボードゲームWii『ワンダフル・アミューズメント・パーク』、自作機能がウリでWiiConnect24での交換も出来るシューティングゲームであるWii『ブラストワークス ビルド・トレード&デストロイ』などが予定されているということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

    今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

    【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  4. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  6. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. スクウェア・エニックスとWindows Azureが見せる本気!新作ゲーム『GUNS N' SOULS』の開発舞台裏

  10. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

アクセスランキングをもっと見る