人生にゲームをプラスするメディア

NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表

PCゲーム オンラインゲーム

NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表
  • NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表
  • NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表
  • NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表
  • NVIDIA、ハイエンドGPU「GeForce 9800 GX2」を発表
NVIDIAは、GeForce9シリーズのハイエンドモデル「GeForce 9800 GX2」を発表しました。1枚のカードに2つのGPUを搭載しており、2枚ペアで使用するとQuad SLI(4GPUによるSLI)での描画が可能となっています。国内での価格は、ベンダーにもよりますがおおよそ8万円前後です(Albatron 9800GX2、ZOTAC 9800GX2等)。

スペックとしては、256本のストリームプロセッサ(GPUあたり128本)、コアクロック600MHz、シェーダークロックは1.5GHz、メモリクロックは1GHz、メモリはGDDR3の1GB(GPUあたり512MB)。消費電力は197ワットで電源コネクタは8ピン+6ピン。PCI Express 2.0に対応しています。出力はデュアルリンクDVI×2ポートです。

対応チップセットはSLI-Readyの「nForce 680a」「nForce 680i」「nForce 780i」「nForce 790i」で、NVIDIAによれば、ライバルであるAMDの「Radeon HD3870 X2」と比較して約1.5倍〜2倍超、GeForce 8シリーズのハイエンドであるGeForce 8800 Ultraと比べても、多くの場合で1.5倍前後の性能が得られるとしています。

さらに、GeForce 9800 GX2を2枚使用するQuad SLIでは、4-way AFRと呼ばれる処理分割を採用。GPUをフレーム単位で並列に動作させる動作方式で、nフレーム目を1番、n+1フレーム目を2番、n+2フレーム目を3番、n+3フレーム目を4番のGPUがそれぞれ担当して描画するという仕組みになっています。GeForce 9800 GX2を1枚(GPU2コア)使用する場合と比べて、2枚(GPU4コア)では1.4倍〜1.8倍のパフォーマンスが得られるということで、効率はかなり高そうです。

海外作品を中心に、非常にグラフィック処理の重いゲームが増えており、こうしたハイエンドGPU製品の動向は注目されるところです。
《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG』初のSteamセールがスタート!全機種合計プレイヤー4億人達成を記念

    『PUBG』初のSteamセールがスタート!全機種合計プレイヤー4億人達成を記念

  2. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

    グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  3. 『PUBG』新マップ“Sanhok”がテストサーバーに登場!正式配信は6月22日に

    『PUBG』新マップ“Sanhok”がテストサーバーに登場!正式配信は6月22日に

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  6. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  7. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  8. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  9. ヤギゲーのCoffee Stain Studios、新作工場建築Co-opFPS『Satisfactory』ゲームプレイトレイラー!【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る