人生にゲームをプラスするメディア

ゲームリパブリック、ハリウッド映画のゲームを開発へ―米Brashと提携

ゲームビジネス その他

岡本吉起氏率いるゲーム開発会社ゲームリパブリックは、ハリウッドに拠点を置く映画系ゲーム専門パブリッシャーであるBrash Entertainmentと開発プロジェクトの契約を結んだと発表しました。映画名は非公開ですが、ハリウッド映画に基づいたゲームを映画と同時発売するべく開発を行っていくということです。

Brashはハリウッドから生まれたゲームパブリッシャーで、複数の映画メーカーと提携、投資ファンドなどから4億ドルの資金を集めて映画をベースにしたゲームを12タイトル開発中としています。

BrashのCEOであるミッチ・デイビス氏は「私自身ゲーマーですので、岡本さんと御一緒できることは非常な名誉であり興奮しています。Brash社はハリウッドの最高のIPを優秀な第一線にいるゲーム開発者と共に高品質なゲームに仕上げることを目指しており、このゲームリパブリックとの協業はその最高の一例です」と述べています。

ゲームリパブリック代表取締役社長の岡本吉起は「これまでに無い形のエンターテイメントを作り出すことを常に求めている我々にとって、有名なハリウッド映画を元に映画製作者と協業しながらゲームを作り上げるのは素晴しい挑戦です。Brashとの協業では直接映画製作者とコンタクトをとりながらゲームでの独自の創造が許されており、素晴しいゲームが作れるものと信じています」とコメントしています。

ゲームリパブリックは岡本吉起氏が2003年に設立したゲーム開発会社で、これまでに『GENJI -神威奏乱-』(PS3)、『Dark Mist』(PS3)、『ブレイブ・ストーリー』(PSP)といった作品などを開発してきました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

    「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. スマホ版『みんゴル』メディア対抗「冠トーナメント」開催権争奪戦実施―インサイドも参戦!

  6. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  7. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  8. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  9. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  10. リーダーは泥まみれになる覚悟をもて!橋本善久氏のプロマネ講座・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

アクセスランキングをもっと見る