人生にゲームをプラスするメディア

Harmonixがアクティビジョンを提訴、そして取り下げ―『ギターヒーロー』のロイヤリティを巡って

ゲームビジネス その他

Varietyによれば、『ギターヒーロー』とその続編『2』を開発した米国のゲームデベロッパーのHarmonix Music Systemsが、『2』と『3』の発売元となっている大手パブリッシャー、アクティビジョンに対して1450万ドルのロイヤリティが未払いであると提訴しましたが、直ぐに取り下げたそうです。

Harmonixは『ギターヒーロー』と『2』を開発し、1作目はRedOctaneという会社から発売されましたが、RedOctaneはアクティビジョンに買収され、2作目はアクティビジョンからの発売となりました。その後Harmonixは米メディア複合体バイアコム傘下で音楽チャンネルで知られるMTV Networksに買収され、似たような音楽ソフト『ロックバンド』を開発、MTVから発売されました。そしてアクティビジョンは開発元をネバーソフトに変えて『ギターヒーロー3』を開発、昨年発売しました。

Harmonixは、元々RedOctaneとの間で結んだ契約には2種類のロイヤリティレートが存在し、もしHarmonixが関わらない形での続編や派生作品が販売される際は高いレートを適用すると書かれていたがアクティビジョンはこれを遵守しなかったと主張しています。ただ、取り下げの理由については明らかにしていません。

アクティビジョンでは続編として伝説のロックバンド・エアロスミスをフィーチャーした『ロックバンド エアロスミス』も2008年中に発売するとしていて、人気フランチャイズとなっただけにロイヤリティ問題は頭の痛い問題となりそうです。

最新作である『3』は国内ではPS3とPS2で発売中です。

また、Seattle Post Intelligencerによれば、『ギターヒーロー』を巡ってアクティビジョンは、著名な楽器メーカー・ギブソンからも特許を侵害しているとして販売を中止するかライセンスを取得するように訴訟を受けたということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

    【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  2. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  3. プロジェクトが成功する7つの秘訣−海外の開発者が語る

    プロジェクトが成功する7つの秘訣−海外の開発者が語る

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  6. イードがVR市場へ参入発表―アイドルのVR映像配信プラットフォーム「EINYME」も公開

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. スクウェア・エニックスHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 純利益34億800万円に

  10. 「ダメなゲームの7つの兆候」−海外で論じられるダメゲームとは?

アクセスランキングをもっと見る