人生にゲームをプラスするメディア

【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る

米サンフランシスコで開催中のテレビゲーム開発者向け技術会議「GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)」で21日(現地時間)、スクウェア・エニックスの土田俊郎氏と白石史明氏が「Wiiウェアのライフサイクル『小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』研究事例」と題した講演を行い、Wiiウェアでゲームを開発する意義や企画の成り立ち、開発で得た経験などを語りました。

任天堂 Wii
【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
  • 【GDC08】スクエニ土田氏と白石氏がWiiウェアでの『クリスタルクロニクル』の開発について語る
米サンフランシスコで開催中のテレビゲーム開発者向け技術会議「GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)」で21日(現地時間)、スクウェア・エニックスの土田俊郎氏と白石史明氏が「Wiiウェアのライフサイクル『小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』研究事例」と題した講演を行い、Wiiウェアでゲームを開発する意義や企画の成り立ち、開発で得た経験などを語りました。



本ゲームは『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』シリーズの最新作で、瘴気によって国を失った幼い国王レオが、クリスタルによって建築術を授かり、国を復興していくという内容です。ただしプレイヤーは自らダンジョン探索などができず、冒険者のNPCに依頼して「精霊石」を収集し、これを消費して民家や商店などを建造していくことになります。本年3月のWiiウェアスタートと同時にリリースが予定されています。

土田氏、白石氏


講演者の土田氏は『重装機兵ヴァルケン』『フロントミッション』などのタイトルを手がけたベテランとして、古参ゲーマーにはおなじみのゲーム開発者です。現在は『ファイナルファンタジーXIII』戦闘パートのゲームデザインを行いつつ、本作のプロデューサーも務めています。白石氏はスクウェア・エニックスに入社して約7年になり、間サーバープログラマーとして『ファイナルファンタジーXI』などの運営に従事。本作で初めてメインプログラマーとして、ゲーム作りをゼロから体験することになります。今回の講演は、この新旧2名の開発者が、それぞれの立場で交互に講演するという、本作の開発体制を彷彿とさせるユニークなものとなりました。

はじめに土田氏はスクウェア・エニックスの開発工程について紹介しました。土田氏の言葉を借りると同社は「独自の世界観をハイクオリティなCGで表現する」点が強みで、開発工程もそれに適した物になっています。プロジェクトが立ち上がると、まずストーリープロット・キャラクター・コンセプトアート設定を行い、続いて戦闘システム・フィールドマップ・イベントムービーなどの設計を行います。その後、必要なツール制作などの技術要素を検討し、実際の開発パイプラインを構築。あわせて制作する映像クオリティの基準を定めます。こうして下準備を整えてから、実開発を開始するという手順です。開発期間は通常2年から4年、開発人員は進捗によって異なりますが、約100名が1年間の開発に従事し、ピーク時のスタッフは約200名を数えます。

通常の開発プロセス


これらは『ファイナルファンタジーVII』以降、徐々に整備されてきたシステムで、現在もアップデートが繰り返されています。このように大規模開発に適した、無駄のない開発手順が同社の強みですが、土田氏はゲーム内容が開発体制に規定される不安も感じていたといいます。これに対して手軽にダウンロードでき、容量も開発コストも少なく、Wiiのバーチャルコンソールやカジュアルゲームがライバルとなる「Wiiウェア」での開発は、逆に良い機会に映りました。あえて小規模開発に挑戦することで、それに適した開発体制を社内に構築し、案件に応じて選択可能にすることが重要と考えたのです。


《小野憲史》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

アクセスランキングをもっと見る