人生にゲームをプラスするメディア

『クッキングママ』、米国で160万本突破―続編も

『クッキングママ』はタイトーが開発し、海外ではMajesco Entertainmentが発売していますが、同社は、『クッキングママ』のシリーズ3タイトル合計で米国での売上が160万台に到達したと発表しました。好調を受けて、2008年の後半にはWii向けに4番目のタイトルをリリースすることも明らかにしています。

任天堂 DS
『クッキングママ』はタイトーが開発し、海外ではMajesco Entertainmentが発売していますが、同社は、『クッキングママ』のシリーズ3タイトル合計で米国での売上が160万台に到達したと発表しました。好調を受けて、2008年の後半にはWii向けに4番目のタイトルをリリースすることも明らかにしています。

米国ではDS向けに『Cooking Mama』(2006年9月)、『Cooking Mama 2: Dinner with Friends』(2007年11月)と、Wii向けに『Cooking Mama: Cook Off』(2007年4月)の3タイトルがこれまでリリースされています。

「クッキングママの成功は奇跡を起こしたようなものです。ユニークなコンセプト、魅力的なキャラクターとゲームプレイ、そしてタッチペンやWiiリモコンを活かしたゲーム性、それら全てが合わさって素晴らしいゲームを実現できました。私達は今年後半に4番目の作品を用意していて、今後もゲームのファンを楽しませられる事を嬉しく思っています」とCEOのJesse Sutton氏は述べています。

『クッキングママ』は料理を題材にしたシミュレーションゲーム。小さな子供がお母さんと一緒にタッチペンやWiiリモコンの直感的な操作を通じて、実際の料理を学べるというものです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る