人生にゲームをプラスするメディア

ソニー株の過半数を取得? 大量保有報告書で騒動

株式会社の発行済み株式の5%以上を保有している場合、その数字に1%以上の変動があった場合などは、大量保有報告書として金融庁にその内容を提出することが義務付けられています。金曜日に、その報告書で神奈川県の会社がソニーなど大手企業6社の株式の51%を取得したと報告して騒ぎになっています。

ゲームビジネス その他
株式会社の発行済み株式の5%以上を保有している場合、その数字に1%以上の変動があった場合などは、大量保有報告書として金融庁にその内容を提出することが義務付けられています。金曜日に、その報告書で神奈川県の会社がソニーなど大手企業6社の株式の51%を取得したと報告して騒ぎになっています。

その報告書を提出したのは神奈川県川崎市麻生区のテラメント(株)で、ソニー、アステラス製薬、三菱重工業、トヨタ自動車、フジテレビジョン、日本電信電話(NTT)、の6社の株式のそれぞれ51%を取得したとしています。

大量保有報告書は事前に所定の手続きを行っていれば、ノーチェックでウェブのedinetなどを通じて開示される仕組みで、金融庁では「全体で約20兆円という異例な取引規模となっていて、事実関係を調査中。虚偽記載と認められれば厳正に対処する」としました。

そして本日、「虚偽と認められるため、訂正報告書の提出を命じる行政処分を下した」との発表がありました。

今回は虚偽ということで一件落着ですが、ノーチェックで開示されていたという事実は大量保有報告書の信憑性を大きく揺るがすものと思われます。株式市場に波乱が続く展開でもあり、今後の対応に注目が集まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  6. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  7. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  8. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

  9. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る