人生にゲームをプラスするメディア

東証一転反発、ゲーム関連株も値を戻す

23日の東京株式市場は昨日までの株安から一転して反発し、日経平均株価は前日の終値に比べて256円1銭高い1万2829円6銭で終えました。22日は値下がり一色だったゲーム関連株も、軒並み値を戻すという展開でした。

ゲームビジネス その他
23日の東京株式市場は昨日までの株安から一転して反発し、日経平均株価は前日の終値に比べて256円1銭高い1万2829円6銭で終えました。22日は値下がり一色だったゲーム関連株も、軒並み値を戻すという展開でした。

値上がりしたのは任天堂(+6.27%)、ゲームポット(+7.27%)、イマジニア(+4.87%)、ドワンゴ(+11.82%)など45銘柄中31銘柄でした。値下がりしたのは9銘柄でした。

ブロッコリーは流通のアニメイトが筆頭株主になり資本・業務提携することを発表。前日比+3円の68円となっています。

=ゲーム関連株、国内株式市場への上場会社から独自に選定
■家庭用ゲーム
任天堂、ソニー、セガサミーホールディングス、バンダイナムコホールディングス、スクウェア。エニックス、コーエー、カプコン、コナミ、日本一ソフトウェア、アトラス、ジャレコ・ホールディングス、テクモ、ディースリー、エイティング、ユークス、トーセ、ハドソン、ケイブ、イマジニア、日本ファルコム
■オンラインゲーム
ガンホーオンラインエンターテイメント、ゲームポッド、サイバーステップ、ゲームオン、ウェブマネー
■モバイルコンテンツ
サミーネットワークス、ジー・モード、フェイス、日本エンタープライズ、fonfun、ドワンゴ、アエリア、コーエーネット
■玩具
ユージン、セガトイズ、タカラトミー、サンリオ、ウィズ、ブロッコリー
■流通
ハピネット、ゲオ、NESTAGE、日本トイザらス

※明日からMarket Watchとしてより詳細な情報をお届けしていきます
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

    VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

  2. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

    エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  3. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

    松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  4. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  5. 中部地方の学生に朗報 ― 就職・進学展「中部クリエイティブ業界フェスタ2013」3月25日開催

  6. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  7. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  8. 故・岩田聡氏を悼む『マリオカート8』ファンイベント、「セガ社員が踊る謎動画」ニコニコに投稿される、ブキすぎる掃除機をコトブキヤが武器化中、など…昨日のまとめ(7/14)

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

アクセスランキングをもっと見る