人生にゲームをプラスするメディア

博多の森球技場のネーミングライツをレベルファイブが取得―J2アビスパ福岡の本拠地

レベルファイブは地元福岡の、J2アビスパ福岡が本拠地とする「博多の森球技場」のネーミングライツを福岡市から取得し、「レベルファイブ スタジアム」として今後運営を行っていくと発表しました。略称は「L5スタ」。契約期間は2008年3月1日〜2011年2月28日までの3年間で、報道によれば契約金は年3150万円。

ゲームビジネス その他
レベルファイブは地元福岡の、J2アビスパ福岡が本拠地とする「博多の森球技場」のネーミングライツを福岡市から取得し、「レベルファイブ スタジアム」として今後運営を行っていくと発表しました。略称は「L5スタ」。契約期間は2008年3月1日〜2011年2月28日までの3年間で、報道によれば契約金は年3150万円。

同社では2008年春にニンテンドーDS向け『イナズマイレブン』の発売を予定していて、ゲームと共に、サッカーというスポーツをより多くの人に広め、将来のサッカー界を契印するような選手の発掘に繋がれば、としています。ゲームメーカーで球場などのネーミングライツを取得するのは初の試みで、地域に密着したゲームメーカーとして地元への貢献としても注目されそうです。

「博多の森球技場」
所在地:福岡市博多区東平尾2丁目1番1号
面積:13,934?(建築面積)
収容人員:22,563人  メインスタンド7,073人
バックスタンド9,094人
サイドスタンド6,396人
フィールド面積:144m×80m=11,520?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  7. バンダイナムコグループ合同入社式メッセージ、171名が入社

  8. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

  9. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る