人生にゲームをプラスするメディア

07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える

ゲームビジネス その他

07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
シンクタンクの矢野経済研究所は、2008年版の玩具産業調査の結果を発表しました。これは玩具・ゲーム・卸問屋・小売業者等への調査を元にしたもので、2007年度の国内市場規模は前年比22.6%増の1兆866億5000万円になると推計しています。

玩具市場の推移と分類別の動向


玩具は電子玩具、模型・ホビー、男児キャラクター・男児玩具、女児キャラクター・女児玩具、ゲーム類、ぬいぐるみ、基礎玩具、季節物・雑玩具、テレビゲームの9分類に分けられますが、WiiやニンテンドーDSなどの大ヒットでビデオゲームが大きく伸び市場規模の拡大を支えた一方で、それ以外の8分類はヒット商品の不在や少子化の影響を受けて1.3%減となりました。

家庭用ゲーム市場は2006年度が前年比37.2%増の5680億円だったのに続いて、2007年度は更に35.0%増の7670億円に伸びると推計されます。

玩具市場ではヒット商品の不在や、2005年ごろの大手メーカーの再編で、卸や小売店でも再編や提携が相次いでいます。また少子化の影響で市場が縮小しているのを受けて、各社は大人向けの玩具に注力し始めています。大人向け商品はアイデア力や品質の良さが求められる一方で、流行に左右され難く、安定して売れる商品もあり、今後も重要なポジションを得るものと考えられます。



そのほか9分野に含まれない注目市場では、オンラインゲーム市場が18.4%増の380億円、携帯アプリ市場が21.7%増の730億円、脳トレゲーム市場が17.1%増の410億円、学習ゲームソフト市場が41.6%増の497億円規模になると推計されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 消費者庁、『パズドラ』不当表示でガンホーに5,020万円の課徴金納付命令

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

  7. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  8. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  9. 【GDC 2014】あなたはソーシャルのクジラ?最新のゲーム分析がコミュニティーの中心に

  10. 世界最大のゲーム会社は中国・テンセント 今年上半期のトップ25はアジア勢が存在感

アクセスランキングをもっと見る