人生にゲームをプラスするメディア

07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える

ゲームビジネス その他

07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
  • 07年度の国内玩具市場は22.6%増の1兆866億円―家庭用ゲームが好調支える
シンクタンクの矢野経済研究所は、2008年版の玩具産業調査の結果を発表しました。これは玩具・ゲーム・卸問屋・小売業者等への調査を元にしたもので、2007年度の国内市場規模は前年比22.6%増の1兆866億5000万円になると推計しています。

玩具市場の推移と分類別の動向


玩具は電子玩具、模型・ホビー、男児キャラクター・男児玩具、女児キャラクター・女児玩具、ゲーム類、ぬいぐるみ、基礎玩具、季節物・雑玩具、テレビゲームの9分類に分けられますが、WiiやニンテンドーDSなどの大ヒットでビデオゲームが大きく伸び市場規模の拡大を支えた一方で、それ以外の8分類はヒット商品の不在や少子化の影響を受けて1.3%減となりました。

家庭用ゲーム市場は2006年度が前年比37.2%増の5680億円だったのに続いて、2007年度は更に35.0%増の7670億円に伸びると推計されます。

玩具市場ではヒット商品の不在や、2005年ごろの大手メーカーの再編で、卸や小売店でも再編や提携が相次いでいます。また少子化の影響で市場が縮小しているのを受けて、各社は大人向けの玩具に注力し始めています。大人向け商品はアイデア力や品質の良さが求められる一方で、流行に左右され難く、安定して売れる商品もあり、今後も重要なポジションを得るものと考えられます。



そのほか9分野に含まれない注目市場では、オンラインゲーム市場が18.4%増の380億円、携帯アプリ市場が21.7%増の730億円、脳トレゲーム市場が17.1%増の410億円、学習ゲームソフト市場が41.6%増の497億円規模になると推計されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

    成熟する日本のゲーム開発者コミュニティ・・・CEDECとDiGRA JAPANとIGDA日本、3者の方向性と役割の違いをキーマン三人が語る

  2. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

    「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  3. 中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

    中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 【DEVELOPER’S TALK】ゲームは和風、開発は洋風?ツール&ミドルウェアを駆使して実現した極上サムライゲー『侍道3』

  6. Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

  7. 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

  8. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  9. 往年の人気ゲームメーカー「データイースト」のロゴ入りグッズ販売サイトがオープン!

  10. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

アクセスランキングをもっと見る