人生にゲームをプラスするメディア

英国のゲーム業界人が選んだ2007年のベスト3ゲーム

ゲームビジネス その他

昨年2007年の英国ゲーム市場は過去最高の規模となります。15億2000万ポンド(約3300億円)で、大ヒット作品が多数生まれました。たとえば『Halo3』は24時間で8400万ポンドの売上を記録しました。BBCではそんな英国のゲーム界を代表する4人の2007年のベストゲームを紹介しています。

David Amor氏(開発会社、RELENTLESS GAMES代表)
1.ラチェット&クランク FUTURE(PS3)
2.スーパーマリオギャラクシー(Wii)
3.Command And Conquer(PC)

「ピクサーのレベルに達した初めてのゲームでしょう。もはやインタラクティブなものとそうでないものの境界線はありません」(ラチェット&クランク FUTUREについて)

David Braben氏(開発会社、Frontier Games)
1.The Darkness(Xbox360)
2.Bioshock(PC/Xbox360)
3.Halo3(Xbox360)

「非常に使いまわされた言葉ではあるが、本当にオープンでリアルな体験を与えてくれます。このようなゲームを何年もプレイしているのに、さらに驚きを与えられるのは素晴らしいことです」(The Darknessについて)

Margaret Robertson(ゲームコンサルタント)
1.スーパーマリオギャラクシー(Wii)
2.ファイナルファンタジーXII(PS2)
3.パネルでポンDS(DS)

「ここ数年でプレイしたゲームの中で断トツに沢山のアイデアで満ち溢れるゲーム。とても革新的で骨太でそして技術的にもとても優れている。そしてもちろん遊んでいて楽しく、技術的に素晴らしい事を忘れさせるようです」(スーパーマリオギャラクシーについて)

Tony Mott氏(雑誌、Edge編集者)
1.スーパーマリオギャラクシー(Wii)
2.The Orange Box(PC/PS3/Xbox360)
3.Uncharted: Drake's Fortune(PS3)

「本当の意味でのゲーム。カラフルで遊びがいっぱいに詰まって、そして楽しい」(スーパーマリオギャラクシーについて)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ソフトサイン、PCE『はにい いんざ すかい』『サイバークロス』などフェイス社作品の開発・出版権を獲得

  5. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  6. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  7. グリー、中国拠点の撤退を決定

  8. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(後編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第4回

  9. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

  10. コナミ主催のe-Sports日本選手権「パワプロチャンピオンシップス 2017」がNPB公認大会に!

アクセスランキングをもっと見る