人生にゲームをプラスするメディア

2007年冬のボーナス、任天堂が4年連続で首位

ゲームビジネス その他

日本経済新聞によれば、任天堂が2007年冬のボーナスで4年連続で首位になったということです。

2007年3月期業績が過去最高になったほか、今期の業績も過去最高を更新する見込みで非常に好調を維持しています。平均支給額は147万強で昨年と比較すると0.38%のダウンとなりますが、これはベテラン社員の自然減と若年層の採用増によるものだとのことです。

2位は工作機械の基幹部品のファナック、3位は船井総合研究所でした。以下、ローム、新日本製鉄、JFEスチール、シスメックス、オリンパス、武田薬品工業、キヤノンという順でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  2. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  5. 「中古ゲームジャパン」、購入時期や理由不問で返品出来る新サービス開始

  6. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る