人生にゲームをプラスするメディア

EA、開発会社の更なる買収も除外せず

仏複合企業のビベンディが大手ゲームパブリッシャー、アクティビジョンを買収することを発表して以来、更に業界再編が進むのではないかとの見方が広がっていますが、米国の最大手ゲームパブリッシャー、エレクトロニック・アーツ(EA)のニック・ブラウン氏は、更なる買収も除外しないと開発者向けのカンファレンスGDCリヨンで述べました。

ゲームビジネス その他
仏複合企業のビベンディが大手ゲームパブリッシャー、アクティビジョンを買収することを発表して以来、更に業界再編が進むのではないかとの見方が広がっていますが、米国の最大手ゲームパブリッシャー、エレクトロニック・アーツ(EA)のニック・ブラウン氏は、更なる買収も除外しないと開発者向けのカンファレンスGDCリヨンで述べました。

「ビベンディは低迷しており、変わる必要がありました。アクティビジョンは非常に好調で、ブリザードも同様です。組み合わせとしては興味深いものです。ただとても面白い話ですが、6ヵ月後に一緒になってみなければどうなるかどうか予測するのは困難です」

と新会社の「アクティビジョン・ブリザード」についてコメントしました。そしてEAも開発会社を今後買収する可能性について否定しませんでした。

「常に可能性はあります。私の最優先課題は新しいIPや、買収するかどうかはさておき素晴らしいデベロッパーと出会い、一緒に仕事をすることです」

EAは『シムシティ』のマクシスなど多数のゲーム開発会社をこれまで買収してきた一方で、出資はしないものの『ロックバンド』のハーモニクス、『Crysis』のCrytek、『Half-Life』のValveなどと協力してゲームを制作してきました。「多くの機会があります。Crytekを見てください、私達と彼らは素晴らしいパートナーシップを結び、最高のFPSを創り上げることができました」

トップパブリッシャーとしてEAの次の一手に注目が集まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

    Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  2. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

    【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  3. 【GDC2011】日本の同人ゲーム海を渡る・・・世界で高い評価を受けた『洞窟物語』

    【GDC2011】日本の同人ゲーム海を渡る・・・世界で高い評価を受けた『洞窟物語』

  4. ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止

  5. 【プレイレビュー】息をのむ空中都市コロンビアの冒険・・・『BIOSHOCK INFINITE』ハンズオン

  6. ケン・レヴィンの生涯と最新作『BIOSHOCK INFINITE』への道のり

  7. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. 手描きでボスを作るということ

  10. 「クロノス」シリーズ完全新作、正式タイトルが『ALTDEUS:Beyond Chronos (アルトデウス:ビヨンドクロノス)』に決定!ティザームービー&サイトを公開

アクセスランキングをもっと見る