人生にゲームをプラスするメディア

SMBCコンサルもヒット商品番付で「DS&Wii」を横綱に選出

日本経済新聞社に続いて、SMBCコンサルティングも「2007年のヒット商品番付」の東の横綱に「ニンテンドーDS & Wii」を選びました。対する西の横綱は首都圏の公共交通機関をこれ一枚で結びつけた電子マネー「PASMO」が選ばれました。全体として景気回復感が広がり、消費行動にも明るさが垣間見え、プレミア志向が定着した一年であったと振り返っています。

任天堂 Wii
日本経済新聞社に続いて、SMBCコンサルティングも「2007年のヒット商品番付」の東の横綱に「ニンテンドーDS & Wii」を選びました。対する西の横綱は首都圏の公共交通機関をこれ一枚で結びつけた電子マネー「PASMO」が選ばれました。全体として景気回復感が広がり、消費行動にも明るさが垣間見え、プレミア志向が定着した一年であったと振り返っています。

累計出荷が2000万台を超えたニンテンドーDSと、発売から10ヶ月間で360万台を販売したWiiは貫禄の横綱に。「Wiiの対応ソフト『Wii Sports』の手軽さは、ゲーム機器の利用シーンを大きく変えた。昨年から売れ続けた大型薄型テレビの置かれたリビングが、ゲームを通じたコミュニケーションにより家族の絆を確認する場となり、大ヒットに結びついた」としています。

番付に選ばれたのは以下、大関「プレミアム商品」「ビリーズブートキャンプ」、小結「メガマック」「キッザニア東京」、前頭「東京ミッドタウン」「宮崎ブランド」、「ホワイトプラン」「女性の品格」、「千の風になって」「フリクションシリーズ」、「MLB(松坂大輔)」「ケータイ小説」、「泡のチカラ」「クロックス」、「不都合な真実」「AXE」となっています。

今後の注目株としては「北京オリンピック」や「超薄型テレビ」が挙げられています。これらが注目を集めることになるのか、それとも別のヒット商品が登場するのか、来年もどんなモノが私達を楽しませてくれるか、今から楽しみですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

    『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  6. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  9. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

アクセスランキングをもっと見る