人生にゲームをプラスするメディア

米国年末商戦は昨年を超えるスタート、DSがリードして過去最高に?

米国ではいよいよ最大の商戦期である年末商戦がスタートしましたが、ロイター通信などによれば、サンクスギビングデーの翌日の金曜日で商戦の初日として位置付けられるBlack Fridayの売り上げは昨年よりも8.3%増で、景気後退が懸念されたものの非常に好調なスタートを切ったということです。

ゲームビジネス その他
米国ではいよいよ最大の商戦期である年末商戦がスタートしましたが、ロイター通信などによれば、サンクスギビングデーの翌日の金曜日で商戦の初日として位置付けられるBlack Fridayの売り上げは昨年よりも8.3%増で、景気後退が懸念されたものの非常に好調なスタートを切ったということです。

夏からのサブプライム問題に端を発した住宅市場の低迷、信用市場の収縮、原油価格の高騰などで景気後退が囁かれていますが、年末商戦はひとまず好調に始まったようです。ちなみにBlack Fridayは商戦全体の4.5〜5を例年占めているということですが、金曜日の売り上げは103億ドルと予想されているそうです。

ニューヨークの大手百貨店シアーズは「金曜日の売り上げは我々の予測を上回るものでした。昨年よりも多くのお客さんがドアに並んでくれました。前年に比べると50〜100%高い売り上げではなかったかと思います」とコメントしています。

年末商戦の主役とも言えるゲームも好調なのは間違いなく、Wedbush Morgan SecuritiesのMichael Pachter氏はハードもソフトも昨年を15%上回る売り上げが期待できるとして、過去の数字を全て塗り替える季節になるとしています。特にニンテンドーDSが牽引するのではないかと予測しています。

米国年末商戦が好調なスタートを切ったことを受けて日本の株価も回復していて、東証平均は+246.44円の15135円と15000円を回復。任天堂株価も前日比+2500円となっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

    ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 今週発売の新作ゲーム『Anthem』『逆転裁判123 成歩堂セレクション』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』他

    今週発売の新作ゲーム『Anthem』『逆転裁判123 成歩堂セレクション』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』他

  4. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  5. 国産クラウドでも海外展開できる!台湾で100万人を超えるユーザーを獲得『アンライト~Unlight』の事例

  6. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  7. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  8. 任天堂、米国の小売向けソリューションを提供するSIRAS.comをInCommに売却

  9. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  10. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

アクセスランキングをもっと見る