人生にゲームをプラスするメディア

「本編として正当進化した作品に」吉積信氏のCreator's Voice―『テイルズ・オブ・イノセンス』

任天堂のDSプロモーションサイト「Touch-DS.jp」にて不定期連載されているCreator's Voiceにて、12月6日に発売される『テイルズ オブ イノセンス』のプロデュースを手がけるバンダイナムコゲームスCSカンパニーCS第2プロダクションゼネラルマネージャーの吉積信氏へのインタビューが掲載されています。

任天堂 DS
任天堂のDSプロモーションサイト「Touch-DS.jp」にて不定期連載されているCreator's Voiceにて、12月6日に発売される『テイルズ オブ イノセンス』のプロデュースを手がけるバンダイナムコゲームスCSカンパニーCS第2プロダクションゼネラルマネージャーの吉積信氏へのインタビューが掲載されています。

バンダイナムコではテイルズシリーズの本編をマザーシップタイトル、そこから派生する作品をエスコートタイトルと位置付けていますが、今回発売される『テイルズ オブ イノセンス』はDSでの2作品目にして、初のマザーシップタイトルとして、これまでにシリーズの伝統を受け継ぎ、本編として必要な全てを盛り込んだ作品になっているそうです。

吉積氏によれば本編をDSで開発すると決断したのは1年前で、『テンペスト』や次回作の試作を経て、本編として満たす事が出来るものを開発出来ると確信を得たそうです。もちろんDSでも、携帯ゲーム機でも、マザーシップタイトルを作るのは初めてです。しかしテイルズのメインのユーザー層が中高生でずっと変わらない中で、一度は遊んだものの卒業していってしまったユーザーにも、もう一度振り向いて貰いたいと考え、DSでやろうという決心をしたそうです。

そして

「『テイルズ』シリーズはファンの皆さんに支えられて今までずっときています。だからこそファンの皆さんが期待する形、『テイルズ』本編であるならば、「これがあるべき」という記号性みたいなものがあると思うんです。それを漏らさず全部入れるというのが今回の最大のテーマで、それはちゃんと実現できたと思います」

とのこと。期待できる作品に仕上がっているようです。楽しみですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

    『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

  2. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

    『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  3. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

    スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』オッカムル島での採掘に関する情報が公開―あらくれを導いて鉱石をガッポリ入手!

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る