人生にゲームをプラスするメディア

ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会

ゲームビジネス その他

ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
スクウェア・エニックスは、2008年3月期の中間決算説明会を開催しました。連結で売上高722.7億円、経常利益93億円と前年同期とほぼ同じ実績ながら、店舗設置型のカードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』がおよそ2カ月で約10億円を売り上げる好調なセールスを達成したことや、設備投資や販管費の抑制によって「より締まった体質」(和田社長)への転換が進んでいることなどが紹介されました。

その一方で、コンテンツ制作にかかる費用が期を追うごとに増加してきていることについて、和田氏は「来年度、再来年度にかけて順次落ちてくるイメージ。当年度は落ちない」と述べています。制作ライン数はポータブル機向けの方が多いものの、張り付けている人員については据え置き型の方が多い、とも述べ、次世代機の開発負荷の重さをうかがわせました。

また、ホワイトエンジン(スクウェア・エニックスの自社開発ゲームエンジン)の開発が止まっているとの報道があったが?との質問には「止まっていません」と即答。さらに、「共有するゲームエンジンというものを、使う側(各開発チーム)があまり慣れていないという社内事情はある。人の作ったものを使うという会社じゃなかったので、風土を変えることからやっている。産みの苦しみ」とも述べています。タイトルごとにチューニングされたエンジンを開発してきた流れからの方針転換を、『ファイナルファンタジーXIII』というビッグタイトルの開発と同時に行っていることによる苦労があるようです。

《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  2. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  3. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

    任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  4. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  5. 【CEDEC 2010】2000万人を魅了するソーシャルゲームの作り方

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  8. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る