人生にゲームをプラスするメディア

ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会

ゲームビジネス その他

ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
  • ホワイトエンジンは「止まってません」 〜スクウェア・エニックス2008年3月期中間決算説明会
スクウェア・エニックスは、2008年3月期の中間決算説明会を開催しました。連結で売上高722.7億円、経常利益93億円と前年同期とほぼ同じ実績ながら、店舗設置型のカードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』がおよそ2カ月で約10億円を売り上げる好調なセールスを達成したことや、設備投資や販管費の抑制によって「より締まった体質」(和田社長)への転換が進んでいることなどが紹介されました。

その一方で、コンテンツ制作にかかる費用が期を追うごとに増加してきていることについて、和田氏は「来年度、再来年度にかけて順次落ちてくるイメージ。当年度は落ちない」と述べています。制作ライン数はポータブル機向けの方が多いものの、張り付けている人員については据え置き型の方が多い、とも述べ、次世代機の開発負荷の重さをうかがわせました。

また、ホワイトエンジン(スクウェア・エニックスの自社開発ゲームエンジン)の開発が止まっているとの報道があったが?との質問には「止まっていません」と即答。さらに、「共有するゲームエンジンというものを、使う側(各開発チーム)があまり慣れていないという社内事情はある。人の作ったものを使うという会社じゃなかったので、風土を変えることからやっている。産みの苦しみ」とも述べています。タイトルごとにチューニングされたエンジンを開発してきた流れからの方針転換を、『ファイナルファンタジーXIII』というビッグタイトルの開発と同時に行っていることによる苦労があるようです。

《伊藤雅俊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

    リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  2. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

    980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  5. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  6. 任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 今週発売の新作ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』『LOST SPHEAR』『The Evil Within 2』『Minecraft: Story Mode Season 2』他

  10. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

アクセスランキングをもっと見る